グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 研修医募集  >  後期研修診療科別プログラム  >  内分泌代謝科後期研修プログラム

内分泌代謝科後期研修プログラム

内分泌代謝科後期研修プログラムについてのご案内です。


このページの目次


診療部長

内分泌代謝科部長 岩渕 昌康



プログラムの目的と特徴

糖尿病、甲状腺疾患、その他の内分泌疾患につき診療をおこなっている。
当科は内分泌学会教育認定施設に指定されており、内分泌学会専門医、糖尿病学会専門医が臨床の指導にあたる。
生活習慣の影響がつよい糖尿病や、自己免疫機序の関与する甲状腺疾患、下垂体・副腎疾患や性腺疾患などが診療の対象となる。
国内の各学会や、全米内分泌学会等での発表をおこなっている。大学の医局よりは症例も多く、学会発表もモチベーションに応じておこなえる。



主な研修内容

外来診療、甲状腺穿刺吸引細胞診、内分泌負荷試験、各種画像検査



研修目標

1.頻繁に認められる高齢者の耐糖能異常について適切に対応できる。
2.患者さんの利益につながる最善の治療法を選択できる。
3.一般内科としての診療ができる。
内分泌代謝科の専門医を取得する。



主な学会認定

・日本内分泌学会内分泌代謝科専門医制度認定教育施設


メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下記の「採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム」ボタンをクリックし、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?