グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷三方原病院は、地域医療支援病院として、質の高い地域完結型医療を目指しています。
ホーム > 研修医募集  >  後期研修診療科別プログラム  >  総合ローテーションコース 後期研修プログラム

総合ローテーションコース 後期研修プログラム

総合ローテーションコース後期研修プログラムについてのご案内です。


このページの目次


診療部長

副院長・研修管理委員長・皮膚科部長 白濱 茂穂



コース概要

【概要】
卒後臨床研修の修了後、当院診療科をローテーションする

【応募資格】
初期臨床研修修了者および修了見込みの者

【期間】
2年間

【方法】
各診療科の研修期間は、原則として1科3ヶ月以上とする
ただし総合診療内科、救急科の研修は必須とする
*本人の希望のもと、診療部長の承認の上1ヶ月単位での研修も認める

【研修科】
総合診療内科、神経内科、脳卒中科、腎臓内科、循環器科、内分泌代謝科、消化器内科、肝臓内科、呼吸器内科、呼吸器外科、外科、消化器外科、心臓血管外科、形成外科、小児科、整形外科、産婦人科、ホスピス科、救急科、麻酔科、脳神経外科、泌尿器科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、皮膚科、精神科、病理診断科、放射線科、放射線治療科、リハビリテーション科、眼科 、臨床検査科、感染症・リウマチ内科、血液内科より

【研修修了後の進路】
2年間の研修期間の修了後は、改めて、当院の専門科に所属するか、他院で勤務するかを選択する。

【管轄】
プログラム責任者は研修管理委員長とし、検討が必要な事項が発生した場合には、研修管理委員会が管轄する。



メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは、下記の「採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム」ボタンをクリックし、必要事項をご記入のうえ、お送りください。


採用に関するお問い合わせ・資料請求フォーム


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?