グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム > 診療科・部門紹介  >  診療技術部  >  栄養管理課

栄養管理課

職場の紹介

『安全な食事提供』『食事サービスの充実』をモット-にしております。入院中の食事は、医師の指示に基づき、患者様一人ひとりの状態に適した食事の提供に努めております。食事が個々の患者様に合った内容であるか、栄養管理状況などが良好かどうか判定し、改善が必要である場合は医師や看護師、その他の医療スタッフなどと協働して、患者様のQOL向上に貢献できるよう日々取り組んでおります。


☆経営形態  『直営』

☆配膳方法  『パントリー配膳方式』


職員構成(2017年5月現在)


管理栄養士6名
栄養士2名
調理師4名
調理補助4名
パントリースタッフ14名

厨房内の様子



食事サービスについて

当院では、真空調理システムやクックチル、クックサーブの調理方法を組合せて食事提供を行っております。患者様のもとに温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たい状態でお届けできるよう努めております。
また、幼児食・学童食にはおやつを配膳、手術後の分食、つわり症状に対応した少量頻回食なども行っております。
さらに、ベットサイドに訪問して、離乳食対応、アレルギーや宗教上の禁食対応、食欲不振時には希望食の提供など、食事に対するご要望を伺っております。患者様に付き添われる方の食事提供も行っております(有料)。

特別治療食として以下のような食事を提供しております。

当院で提供している特別治療食


★減塩食★糖尿病食★妊娠糖尿病食    
★潰瘍食★脂質異常症食★貧血食    
★低蛋白食★急性膵炎食★肝臓食    
★透析食★低残さ食★低脂肪食など   

配膳時間


《朝食》 7:30《昼食》 12:00《夕食》 18:00     
        
※上記の時間を基本食事配膳時間としています。  


管理栄養士の仕事

管理栄養士は、入院患者様に対して『入院中の食事説明、入院中や退院時の疾病状況に応じた栄養指導』を行っております。外来患者様に対して『個々の身体状況・栄養状態等に応じた栄養指導、個々の疾病状況に応じた栄養指導』を行っております。
また、NST回診、褥瘡回診、緩和ケア委員会、糖尿病委員会、母親教室などに参加、他職種と連携し患者様をサポートしております。

栄養指導について

栄養指導は、医師の指示により管理栄養士が専用の指導室で個別に行っております。糖尿病や腎臓病の食事療法をはじめ、高血圧症、心疾患、脳血管疾患、肝疾患などの慢性疾患や胃・十二指腸潰瘍、炎症性腸疾患などのあらゆる疾患に対応しております。
また、癌・摂食機能や嚥下機能が低下した又は低栄養状態にある患者様を対象とした栄養指導も行っております。


フードモデル


指導方法

☆栄養指導は、予約制で行っておりますが、当日の指導が可能な場合もございます。
   ご希望の際は主治医までご相談下さい。



当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?