グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ISO/IEC27001:2013

ISO/IEC 27001:2013(JIS Q 27001:2014)への移行再認証を行いました。


当センターでは、ISMSの新国際規格である「ISO/IEC27001:2013(JIS Q 27001:2014)」への移行再認証を行いました。
今回の規格改訂は、QMS、EMSなどのマネジメント規格(MSS)の整合性を図り、総合的な構築、運用を行えるようにすることがねらいです。

ISO/IEC27001:2013認証は、組織の情報セキュリティマネジメントが国際的な基準を満たしているかを第三者の立場の認定機関(JIPDEC)によって評価するしくみとして認知されています。
有効期間の3年間の間に、年1回の維持審査、3年に1回の更新審査を受審することが定められています。
審査では、数多くの規格の要求事項の適合性と有効性の評価の結果、認められた機関のみが認証されます。

2010年2月23日:健診機関として県内初の「ISO/IEC27001:2005(JIS Q 27001:2006)」認証取得。
2015年2月24日:新国際規格「ISO/IEC27001:2013(JIS Q 27001:2014)」再認証取得(有効期限2018/3/23まで)。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?