グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 園の特色  > 園長あいさつ

園長あいさつ

こうのとり保育園は、1971年の11月に90名定員で認可を受け、『自分のようにあなたの隣人を愛しなさい』を保育理念として保育が始まりました。健康で安心・安全な生活を送ることができるように、保育士・看護師・調理師・管理栄養士がそれぞれの専門性を活かしながら共働することで、質の高い保育を提供いたします。
私たちは、子どものありのままを受け止め、その心の安定を図りながら、きめ細かく愛情をもって、ひとりひとりの育ちに関わっていきます。さらに、異年齢での関わりの中で、また、障がいのあるないに関わらず、共に主体的に生活することを目指しています。
そして、保護者の皆様の子育てに関する悩みや相談事があれば、いつでもお聞きします。子どもたちは、豊かな愛情に包まれて生活することで、愛する心が培われるのです。
また、地域の方々や小・中・高校生との交わりを通して多世代交流も行っています。こうした中で、人と関わる喜びや思いやりやいたわりの気持ちが生まれ、豊かな人間性が育まれていくのです。こうした経験により、子どもたちの人生はより豊かなものになっていきます。
子育てはつらい時や悩むことも多いですが、ひとりで抱え込まないで、周りで支えてくれる人がいることを忘れないでくださいね。子育ての喜びや感動を一緒に共有しながら、つらいことは半分に、嬉しいことは2倍3倍になるように、一緒に子育てしていきましょう。

園長 永島弘美