グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 園の特色  > 園長あいさつ

園長あいさつ

2015年4月より子ども子育て支援新制度が施行され、地域型保育事業として、事業所内保育所を立ち上げることになりました。全国的にも待機の多い0、1、2歳児の保育を担う施設として、また子どもたちの保育を受ける権利を保障する場として、この聖隷めぐみ保育園も子どもたちの健やかな成長を支え見守っていきたいと考えます。また働く保護者の子育ても支えていき、子育ては楽しく喜びが多いものと感じていただけたらと思っております。地域の方も利用できる 7名の枠も設けてあります。園ではキリスト教の「隣人愛」を保育理念とするキリスト教保育を行います。

子どもの生活はあそびが中心です。あそびや体験を通して日々様々なことを学んでいます。毎日好きな遊びをじっくりすることで集中力や持続力を育て、友と遊ぶことで人と関わる方法(コミュニケーション力・社会性)を覚えます。情緒が育ち、保育活動を通して好奇心や興味を引き出し、考える力や工夫することを学びます。
戸外遊びでは身体の使い方・動かし方が身に付き、運動能力も高めます。乳幼児期の学びはその後の教育や人格形成に繋がるとても大切な基礎の部分が育ちます。その礎となっているのは神さまの深い愛と周りの大人たちの見守りであり、その中で子どもたちは安心して日々を過ごすことができます。キリスト教保育は他者を大事にすることはもちろんですが、同時に自分たちが愛されている存在であると感じ、自分を大事にするという「自尊心」を育てる上で、人としてとても大切な部分が育つ保育です。