グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > ご利用案内  >  健康診断のご案内  >  脳ドック

脳ドック

「脳卒中」は高齢者に多くみられる病気ですが、最近では発症年齢が低下してきているという報告も多数あります。原因のひとつとして、日本人の食生活の変化があげられます。高血圧や脂質異常症をはじめとする生活習慣病のほか、喫煙や過度の飲酒、運動不足など日頃の生活と大きな関わりがあります。脳ドックには脳MRだけでなく、市などで行われる特定健診の内容も入っております。
ご家族に脳卒中になった方がいてご心配な方、物忘れなどが気になる方も受診をおすすめします。


2022年度 脳ドック ご予約受付中!


金額(窓口負担)富士市国保・後期高齢者 脳ドック:17,600円
(富士市在住者で助成制度をご利用の場合)


一般利用者:50,600円
実施日月曜日、金曜日の午後:予約制 (祝日・年末年始休暇は除く)
オプション検査頚部エコー
¥3,850-
脳に血液を送る頚動脈に 異常がないか(つまり・狭窄)を調べます。
将来の脳梗塞、心筋梗塞、狭心症の危険度を知ることが出来ます。
ABI(動脈硬化検査)
¥3,300-
血管年齢を出す事ができ、主に足の血管の詰まり度合がわかります。
手足の冷えやしびれが気になる、足がだるくなる等の症状がある方は、一度検査を受けられる事をオススメします。
骨密度測定(DEXA法)
¥2,750-
骨粗鬆症による骨折は、要介護や寝たきりの原因になります。
特に閉経後の女性にはオススメです。
VSRAD
¥4,400-
アルツハイマー型認知症はもの忘れの進行とともに脳の萎縮、特に海馬という記憶に関する部分が萎縮します。VSRADはこの萎縮の程度をみる検査です。

健診項目はこちらをご覧下さい



お問い合わせはこちら

受付日月~金曜日(土日祝祭日は除く)
受付時間8時30分~17時00分
電話番号0545-52-0780(代表)

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?