グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 施設・サービス  > さくまの里  > グループホーム

グループホーム

超高齢社会を迎えた日本。「介護が必要になったら…」ご本人であれご家族であれ、心配にならない人はいないかもしれません。

さくまの里のグループホームでは、認知症の方が6名で共同生活を送っています。起床は皆さんお好きな時間。日中は縫い物をしたり、洗濯物をたたんでもらったり、館内を散歩したり…。
居室や食堂、ソファなどお好きな所で思い思いに過ごして頂いています。また、1年を通して外出や食事を企画し、買い物に行ったり、天ぷらを揚げて食べてみたり。夏には夕涼み会があります。時には、小さな保育園児が遊びに来てくれることもあります。

長い時間が経ち介護度が重くなった時も、対応できる専門スタッフが揃っています。認知症になっても、楽しく明るく過ごして欲しい。さくまの里では、職員が一人ひとりと向かい合い、幸せな時間を作り上げています。


運営方針

在宅で物忘れ等により、自立した生活が困難な方に対し、お互いに助け合いながら共に生活をすることで自尊心の回復と自立生活の助長を図ることを目指す。関わりとしては、利用者の人格の尊重、言葉遣い、接遇態度等基本的人権を尊重し、利用者一人ひとりの個別性を大切にした施設理念を基本とする。

利用料金

当施設のグループホームサービスの提供(介護保険適用部分)に際しご利用者が負担する利用料金は、原則として下記の表の1割です。
下記の表は所定の単位に10円を乗じた金額です。
介護保険単位(自己負担:下記1割)介護保険外自己負担
介護度単価(円)/日加算(円)家賃光熱水費食費
要介護度18,310円初期加算300/日※1,040/日600/日1,380/日
要介護度28,480円
要介護度38,650円
要介護度48,820円
要介護度59,000円

※初期加算の対象期間は、入居日から30日間とする。

その他の費用

通院介助協力病院へは無料(遠方への受診は原則的に家族でお願いします)
複写物の交付1枚10円
クリエーション・クラブ活動等利用料金・材料代等の実費

施設の概要

定員6人
個室個室6室(94.41m²) 
浴室一般浴槽8.83m²
食堂67.10m²
その他の設備
  • 娯楽室 32.06m²
  • 台所12.78m²
  • 洗濯室7.09m²
  • その他

職員の概要

職種員数勤務の体制
管理者1人常勤1人
医師1人嘱託1人
計画作成担当者1人常勤1人
介護職員4人以上常勤4人以上
管理栄養士1人(兼務)常勤1人(兼務)
夜勤1人常勤1人

その他詳しくは重要事項説明書を御覧下さい。


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。