グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム  > ご高齢の方へのサービス  > ショートステイ

ショートステイ

「その人らしい生活の継続」を大切にします

介護を必要とする方のリフレッシュのためや、在宅でお世話をしている方の介護負担軽減のため、また病気や急用で介護ができない状態となった時に短期間施設でお泊りいただくサービスです。ご利用できるのは、要支援・要介護の認定を受けた方が対象となります。(お申し込みの際は、ケアマネジャーへご相談ください)


サービス概要

利用定員

20名(全室個室15.51m2、洗面台・トイレ・エアコン・ベッド・収納付)

サービス内容

項目サービス概要
食事
  • 当施設では、栄養士(管理栄養士)の立てる献立表により、栄養並びにご契約者の身体の状況および嗜好を考慮した食事を提供します。
  • 心身の状態に応じて日常生活における家事など役割を持って行えるよう支援します。
  • 自立支援のため離床して食堂にて食事をしていただくことを原則としています。ご契約者が食堂以外でのお食事をご希望の場合には安全に配慮し対応させていただきます。
  • 食事時間は下記の通りですが、ご契約者の生活リズムに合わせたご提供を考えております。また、ご家族とご一緒に召し上がられる場合には事前にお申し出下さい。

(食事時間)
朝食:7時30分~ / 昼食:12時00分~ / 夕食:18時00分
入浴
  • 入浴又は清拭を週2回行います。
  • 身体的な状況に応じて機械浴槽を使用して入浴することができます。
排泄
  • 排泄の自立を促すため、ご契約者の身体能力を最大限活用した援助を行います。
機能訓練
  • 機能訓練指導員により、ご契約者の心身等の状況に応じて、日常生活を送るのに必要な機能の回復またはその減退を防止するための訓練を実施します。
健康管理
  • 医師や看護職員が、健康管理を行います。
  • 褥瘡が発生しないように適切な介護をおこなうとともに、予防の体制を整備します。
その他自立への支援
  • 寝たきり防止のため、できるかぎり離床に配慮します。
  • 生活のリズムを考え、毎朝夕の着替えを行うよう配慮します。
  • 清潔で快適な生活が送れるよう、適切な整容が行われるよう援助します。

大切にしていること

利用された皆様に「また来たい」「ここでよかった」と感じていただけるような、きめ細やかなサービス提供を目指しています。そのために、その人らしい生活が施設でも継続していけるように意識したサービスによって、ご利用者が帰宅後も継続的に「その人らしい自律した生活」が送れるように、お一人お一人に合った個別の関わりを大切にします。
また、ご自宅での介護に関するお悩みなどを共に考え、在宅での生活をサポートします。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


Copyright© Seirei Social Welfare Community. All Rights Reserved.