グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷(せいれい)横浜病院は、2003年3月の国立横浜東病院の経営移譲により、社会福祉法人 聖隷福祉事業団が運営している横浜市保土ヶ谷区の中核的医療機関です。

ホーム   > 当院について  >  日本医療機能評価機構認定病院

日本医療機能評価機構認定病院

当院は、財団法人日本医療機能評価機構認定病院です。


当院は、2013年11月に日本医療機能評価機構の書面審査・訪問審査を受け、2014年3月17日付で機能種別版評価項目3rdG: ver.1.0の認定証が交付されました。
認定期間は 2013年12月15日~2018年12月14日です。

◇日本医療機能評価機構とは
安全で質の高い医療を患者さんが安心して受けていただくためには、医療機関がその機能の充実と向上を図る必要があります。更に効果的に機能向上を図るために、医療機関の機能を第三者の視点から学術的・中立的に評価し、その結果明らかになった問題点を把握し改善に繋げることが求められます。その問題点の改善を支援することを目的とするのが日本医療機能評価機構です。

◇当院の認定状況と審査の内容
機能評価審査は書面審査と訪問審査で行われます。当院は2008年12月に当時の審査体制ver.5.0で初回の認定病院となり、今回が2回目の認定更新となっております。
今回より内容が刷新された機能別版評価項目は、従来の体制、手順等の構造的な内容を集約し、実効性のある評価となるよう、機能の発揮/組織的な活動(プロセス)を重視しております。具体的には患者さんが医療を受けるに流れに即した評価、業務の流れに即した評価など、より実質的な状況が評価される内容となっています。

評価項目は、下記の4領域です。
第1領域. 患者中心の医療の推進
第2領域. 良質な医療の実践1(診療・ケアにおける確実で安全な実践)
第3領域. 良質な医療の実践2
(確実で安全な診療・ケアを実践するうえで求められる機能の各部門における発揮)
第4領域. 理念達成に向けた組織運営

当院は、今後も利用者の皆さまに満足いただける医療を提供できるよう努力してまいります。




当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?