グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


聖隷(せいれい)横浜病院は、2003年3月の国立横浜東病院の経営移譲により、社会福祉法人 聖隷福祉事業団が運営している横浜市保土ヶ谷区の中核的医療機関です。

ホーム   > 特色と取り組み

特色と取り組み

臨床研修、地域医療連携室のご紹介などの聖隷横浜病院の特色と取り組みについての情報がご覧いただけます。


建築概要

当院では2003年に国立より移譲を受け12年が経過し、老朽化した外来棟(S49年竣工)の建替えについて2012年より検討しておりました。病院理念である「私たちは隣人愛の精神のもと安全で良質な医療を提供し地域に貢献し続けます」を念頭に①救急体制の再構築と強化、②高齢者医療の充実、③将来を見据えた診療体制の再編、④地域連携部門強化を将来構想の柱とし、今回の建築計画の検討を重ねてきました。2016年3月より新外来棟の建築工事が本格的に始まり、約2年7ヶ月をかけ2018年10月に新外来棟の完成を予定しております。
建築工事の期間につきましては当院を利用される方々ならびに近隣住民の皆様にはご迷惑をお掛けする事になりますが、少しでも負担を軽減し、貢献ができるよう職員一同万全を期して臨む所存ですので、ご理解ご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。


外観パース図


建築構造地下1階地上4階、鉄筋コンクリート造、免震構造採用
敷地面積25,497.07㎡
延床面積17,582.78㎡⇒30,833.05㎡(内新外来棟面積14,437.32㎡)
着工2016年3月
竣工予定2018年10月


ムービーで聖隷横浜病院についての情報がご覧いただけます。
卒後臨床研修についての情報がご覧いただけます。
地域連携・患者支援センターのご案内です。
聖隷横浜病院におけるNST(栄養サポートチーム)の取り組みをご覧いただけます。
緩和ケアチームのご紹介です。
褥瘡対策チームのご紹介です。
RST(呼吸ケアサポートチーム)のご紹介です。
院内でおこなわれる利用者満足度調査の結果がご覧いただけます。
糖尿病・腎臓病等の各種教室などの開催情報、院内でおこなわれるイベント情報がご覧いただけます。
聖隷横浜病院では医療安全に取り組んでいます。
聖隷横浜病院では感染防止に取り組んでいます。
病院ボランティア募集についてのご案内です。

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?