グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



入院のご案内


ホーム  > 入院のご案内  > 入院費用について

入院費用について

入院費用・お支払い方法についてのご案内です。

入院費用・お支払い方法について

退院される方のお支払いについては、病棟で退院の手続きの後、1階入院会計窓口でお支払いください。

時間外、休日などに退院される方は会計計算ができないため、夜間・救急受付にて一旦内金でお支払いいただきます。後日、会計窓口受付時間内でご精算お願いいたします。

  • 入院されている方で月を繰り越す場合は、毎月末にその月分を取りまとめ翌月10日頃に請求書を病室にお配りします。
    お支払いは1階入院会計窓口に請求書をお持ちください。
  • 領収書は、所得税の医療費控除を申告する際に必要となりますので大切に保管してください。
  • カードでのお支払いもできますのでご利用ください。(一括のみ可)
利用可能カードVISA・Master・UFJ・NICOS・JCB・AMEX・DC
取扱時間月曜日~金曜日8時30分~17時00分
土曜日8時30分~12時15分

入院費の請求明細等についてご不明な点は、入院受付にてお気軽にお尋ねください。

入院費用、その他療養生活でお困りの際は医療相談室で受付しておりますので、お気軽にご相談ください。
医療相談室
受付時間
月曜日~金曜日8時30分~17時00分
土曜日8時30分~12時15分

入院費用は『包括評価(DPC)』方式により計算されます

当院は、『包括評価(DPC)』という医療費制度の対象病院です。
『包括評価(DPC)』計算方式とは、薬、検査、レントゲン、入院基本料など多くの診療内容の費用を下の図のようにまとめて評価する計算方法をいいます。
なお、退院時の薬、手術・麻酔料、血液透析など一部の処置、内視鏡検査、リハビリ料、入院料の加算などについては包括評価には含まれず個別に計算されます。
この計算方式は大学病院や民間病院など、全国の一般病床の約半数で適用されている制度です。

(注)外来医療費については従来どおりの出来高計算方式です。

入院費用

包括評価(DPC)制度Q&A

1日あたりの包括金額はどのように決められるの?

入院された方ひとりひとりの病気(傷病名)をもとに、投薬・注射・手術・処置等の実施状況に合わせて、主治医が最も医療資源を投入した病名を決定し、約4,200種類の包括金額の中からあてはめます。

すべての入院医療費が包括評価方式で計算されるのですか?

包括金額は約4,200種類が定められていますが、主治医が無理にあてはめるのではなく、包括金額に該当しない場合は出来高方式で計算します。
また、傷病名が『包括評価』計算方式に該当しても、決められた入院期間よりも長く入院する場合には出来高方式に切り替わります。

実際の医療費自己負担額はどのように変わるのですか?

医療費の自己負担額は、保険証に記載されている負担割合となります。
『包括評価』方式でも出来高方式であっても、医療費の総額に対する負担割合や高額療養費の取扱いは従来どおりとなります。

入院中に病状が変化した場合はどのように計算されますか?

『包括評価』方式であっても月単位に請求書をお渡しします。
しかし、翌月以降に病状の変化、処置・手術などの内容によっては、包括金額も変更となることがあります。この場合は、退院時に最終的に主治医が判断し、変更の場合は入院日に遡って再計算し、退院時の会計において調整させていただきます。

高額療養費制度のご案内


<70歳未満の方 医療費の自己負担限度額(1カ月あたり) >

(世帯等の所得額に応じてア~オの区分に分かれます)


(注)自己負担限度額は、1カ月(各月の1日から末日まで)の金額です。
月をまたいでご入院される場合は、1カ月ごとに上記の自己負担限度額までの支払いが必要となります。
(注)自賠責保険など自費診療等の場合は取り扱いはできません。



<70歳以上の方 医療費の自己負担限度額(1カ月あたり) >

(70歳以上で現役並みおよび一般所得の方は、自己負担限度額が決まっているため、申請は
不要です。住民税非課税世帯の方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要です)

その他、ご不明な点は入院受付・医療相談室へご相談ください。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.