グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



採用情報


ホーム  > 採用情報  > 研修医募集について  > 臨床研修医の活動日記  > 2016年度 研修医の活動日記

2016年度 研修医の活動日記

2017年3月 修了報告会

2015年度採用研修医の修了報告会が行われました。

当院の研修にて思い出に残る症例発表が行われました。
Salmonella O4(B群)による感染性胸部大動脈瘤において保存的治療を行った一例
化膿性脊椎椎間板炎の診断・治療戦略に関する考察~当院での経験症例を通じて~
乳癌骨転移の化学療法中に低リン血症を認めた1例
MRIでは視神経圧迫を伴う3cm以上の腫瘍を認めた「非機能性下垂体腺腫」、
救急科の研修中に経験した重要症例:アルコール離脱症候群
ウィルス性髄膜炎



立食での会食・歓談が行われた後、修了証の授与・記念品贈呈が行われ、記念撮影となりました。
2年目研修医全員より「当院に研修に来て本当に良かった!」との感想をもらい、うれしい限りでした。

事務局H

2017年1月 眼底鏡の使い方を学びました

今日は指導医の先生から眼底鏡の使い方を学びました。
とはいっても私がまわっているのは眼科ではなく、呼吸器内科です。
呼吸器内科と眼底鏡は全く縁がないように思えますが、実は肺癌をはじめ一部の悪性腫瘍では
血液凝固系が亢進し、血栓を作ることがあります。
今回は網膜の中心静脈に血栓ができていないかどうかを評価するという目的で、眼底鏡検査を行いました。

眼底鏡の使い方はもちろんですが、専門分野にとらわれることなく、疾患ではなく患者さん全体を診るということを
実体験として学ぶことができ、とても貴重な機会となりました。
ご指導してくださった先生、ありがとうございました。

研修医R

2016年10月 CV勉強会が開催されました

当院では、1年目に毎年8月が終わる頃(少し慣れてきた頃)に、CVの勉強会が開催されます。

指導医からの講習会の後に、CVのシュミレーターを使用し練習を積んでから実践します。

難しい手技でもある為、シュミレーターでも真剣そのものです!!

2016年6月 新人研修で同期との交流!

6月10日(金)~11日(土)、1泊2日の新入職員研修を行いました。
この研修は、研修医をはじめ、看護師や医療技術職等の新入職員が集まり、フォトスカベンジャーハントやパルス討論等を通じて“チームの大切さ”や“同期との交流を深めること”等を目的に行っています。
フォトスカベンジャーハントでは、他職種の仲間とグループになり、写真を撮りながら目的地を周る課題に取り組み、チームの大切さや同期との絆を深めました。パルス討論では入職してからの2か月間で嬉しかったこと、困ったことなどを伝え、他職種の今まで知らなかったことやこれからの目標等を共有しました。
夜には懇親会が行われるなど同期との交流を深めることが出来る機会となりました。

2016年5月 1年目研修医は訓練中!

ただ今、一年目研修医がより安全に患者さんへ負担無く癌患者さんの抗がん剤投与が出来るように訓練中です。

診療時間外に指導医・看護・薬剤課の担当者を交えての勉強会が行われる他、各診療科医師、2年目研修医のアドバイスや指導医のアドバイスの下、訓練を行っています。

2016年4月 新1年生入職!

新1年生入職しました。
4月1日から新研修医の先生が5名入職しました。
入職式後は、当院のオリエンテーションではもちろん当院の研修、病院のルールなども学びますが、医師以外の職種も体験していただいています。
看護(病棟・外来)、放射線課、臨床工学室、検査課、薬剤課、栄養課の人たちが院内で
どんなことをしているのかを見学・体験して頂きました。
また、チームワーク・コミュニケーションがいかに大切なのかを実際に目で、身体で学び、4月11日より診療科に入りました。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.