グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 診療科  > 麻酔科

麻酔科

概要

手術というと、「怖い」「痛い」というイメージがあり、不安に思う方も多いことと思います。
私たち麻酔科医は、そのような患者さんを手術予定の数日前または当日に診察をし、時に必要な検査を追加して個々の患者さんに一番適した麻酔方法や、麻酔薬を選択し、安心して手術を受けていただくよう努力しています。手術の前だけでなく、手術中・手術後も患者さんのそばにいて血圧や心拍数などの循環管理・眠ってしまった後の呼吸管理・鎮痛薬の投与などの疼痛管理を行っています。麻酔指導医・麻酔専門医が専従し、麻酔指導病院として安心して手術を受けていただける環境を整えています。
麻酔科医の仕事は、現在手術の麻酔だけではありません。私たちは手術後の疼痛管理、集中治療室での重症患者の治療、ペインクリニック、緩和医療なども行っています。
ペインクリニック(痛みの治療)とはどのようなことをするのでしょうか。痛みにはさまざまな原因や種類がありますが、ほとんどが治療の対象になり、痛み以外のものでも治療を行うものがあります。他の科の先生方と協力しながら痛みを軽減する治療にあたらせていただきます。神経ブロック・レーザー照射・薬物療法・透視下ブロック(入院が必要なものもあります。)等を行います。硬膜外脊髄電気刺激療法などは横浜市立大学ペインクリニック科やNTT関東病院ペインクリニック科等とも協力して治療を行っています。 ぜひ、ご相談ください。
がん性疼痛・緩和ケアについても外来や病棟で治療にあたっております。外科の郷地医師、薬剤師、看護師、理学療法士の方々を中心にがん患者さんが疾病によって生じるさまざまな困難に対し、支援する医療です。私たちは痛みの分野でお力になります。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.