グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 診療科  > 病理診断科

病理診断科

概要

病理診断科という科名は、聞きなれない方が多いと思いますが、胃カメラなどの検査の後に、病理検査の結果が出るまでお待ちになった経験のある方は多いと思います。病理検査(組織や細胞を顕微鏡観察する検査)の結果、すなわち胃の病変が良性であったか悪性であったかなど、最終診断を下す科が病理診断科です。病理診断科は、病院で病理医が行う病理診断が医療行為であるとの考えから、2008年の医療法改正により標榜科の一つとして認められました。当院の病理診断科は、緒に就いたばかりですが、診療科の一つとして当院の医療を支えるべく日々努力しております。

病理診断科の重要なもう一つの業務として病理解剖があります。当院では、不幸にして亡くなられた症例に対してご家族の同意のもとに病理解剖をさせていただいております。病理解剖の目的について多くの方々は医学研究をあげられると思いますが、病院における病理解剖のもっとも重要な使命は、診断に至る過程や選択された治療の結果など症例そのものを見直すことで、医療の質を一定レベルに保つことにあります。病理解剖の結果は、ご家族の希望に応じて説明させていただくことができます。患者さんとそのご家族にも医療に参加していただきたいとの思いを形にしました。

先に述べましたように、病理診断は歩き始めたばかりですので、その活動状況などをデータでお示しすることがいのが現状ですが、これからは、定期的に、具体的な業務内容など、ホームページをご覧の皆様にご報告してまいりたいと思います。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.