グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 診療科  > 形成外科

形成外科

概要

形成外科は「きずや変形をより早くきれいに治す」ということに特化した診療科です。リハビリテーション科が機能回復,救命救急科が急ぐ初療に特化しているのと同じように,臓器や疾患にとらわれることなく,体中どの部位であっても治りにくいきずや目立つ変形を対象にしています。技術的には形成外科=美容外科ですが,美容医療のテクニックによってできるだけ早くきれいに治す,というのが形成外科的治療の本質と言えます。美容医療以外の形成外科には,外傷,先天疾患,腫瘍切除,循環不全といった疾病によって生じるきずや変形を早くきれいに治すことによって,患者さんの身体的・精神的なQOLの向上に貢献することが求められます。

対象疾患と診療内容

顔面・手足の外傷

眼瞼などの特殊部位の挫創縫合,顔面骨折の整復,指の腱・神経断裂,切断指再接着

顔面・手足の先天異常

唇顎口蓋裂,小耳症,耳変形,耳瘻孔,多合指(趾)症,裂手症

熱傷

浅達性熱傷にはできるだけきずあとを残さない保存療法,深達性熱傷には審美を重視する植皮術

褥瘡

長期経過例に対する外科的早期閉鎖手術,再発予防目的の組織移植術

下腿潰瘍

膝下切断を回避するための複合的治療,血管柄付き組織移植による下肢温存術

顔面神経麻痺

顔面神経再建,筋膜移植による静的再建,血管柄付き遊離筋肉移植による動的再建

眼瞼下垂

老人性,先天性などあらゆる眼瞼下垂症の手術

乳房再建

シリコンインプラント,自家脂肪移植,血管柄付き遊離脂肪移植

リンパ浮腫

リンパ管静脈吻合と弾性着衣などの複合理学療法を組み合わせた集学的治療

皮膚悪性腫瘍

顔面の基底細胞癌や有棘細胞癌に対する拡大切除と審美を重視する再建手術

母斑・粉瘤・脂肪腫・ガングリオンなどの良性腫瘍

きずあとの短さにこだわった切除術

血管腫

赤あざに対するレーザー治療,海綿状血管腫や動静脈奇形などの切除術

きずあと・ケロイド

目立つきずあとやひきつれの修正,ケロイドの根治手術

巻き爪

弾性ワイヤーによる修正,根治手術

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.