グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ



ホーム > 受診のご案内  >  ほのぼの便り

ほのぼの便り

2014年に淡路市27年ぶりのお産を当院が始めました。
当院でお産をされた方のうれしいご意見が満載です。


「美味しいおっぱいをありがとう」

当院で産れた赤ちゃんの76.4%(※)はおっぱいだけですくすく育っています。
お母さんと赤ちゃんに問題が無ければ、お産後出来るだけ早くおっぱいを吸ってもらいます。
なめるだけでも良いんです。この最初のおっぱいとの出会いがとても大切なんです。
おっぱいのにおいと温かさ、一瞬で記憶に残るんですね。
(この時、お母さんの表情がまた何とも言えません。私たちも幸せを分けてもらっている気分になります。)
初めは上手に吸えないかもしれません。初めて触れたおっぱいの記憶を思い出し、少しずつ赤ちゃんも上手になって行きます。お母さんも慣れてきます。
おっぱいの出具合は人それぞれ、お家に帰ってから出だすお母さんも多いです。
お母さんの「母乳で育てたい」を一緒に応援しています。
※当院、1ヵ月健診時の母乳率。

2018年2月8日(木)
3階病棟 助産師 細川


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?