グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




神経内科

診療体制

部長:内山 剛

神経内科は、中枢神経(脳、脊髄)、末梢神経およびその効果器である筋肉に生じる疾患を専門とする科で、頭痛、めまい、しびれといった身近なものから、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病および多発性硬化症などの神経難病に対して、精力的に診療に取り組んでいます。

主な対象疾患

当院の神経内科はこれまで“信頼の得られる高度な診療レベルと人間性尊重”を継続した目標としており、最も基本的であるところの臨床診断と継続診療の確実性および患者優先の医療の実践に努めています。

外来では頭痛・めまい・痺れに加え、認知症の紹介受診が増えており、今後も病診連携の拡充を推進していきます。その一環として、浜松・磐田市での近隣病院と連携したケアネット研究会への参加を継続しており、2012年度からはCNTプログレスの開催に参画しました。当院C9およびB3病棟を含む多職種と共に、患者中心の在宅環境作りを目指し新規作成した在宅指標“ザイタックス”について、神経難病・卒中高齢者への活用・普及に着手しています。この医療・介護の連携および認知症・神経難病をテーマとしたCare・Nursing・Treatment(CNT)の観点からの活動に加え、認知症学会の教育施設にも認定されております。

入院診療の内訳は、パーキンソン病・筋萎縮性側索硬化症などの変性疾患から、多発性硬化症・重症筋無力症の神経免疫疾患、さらに中枢感染症など多彩で、急性期から神経難病在宅調整の慢性期に至るまで幅広く診療にあたっております。パーキンソン病・筋萎縮性側索硬化症(ALS)・アルツハイマー型認知症に関わる治験や、パーキンソン病およびALS それぞれの患者友の会への参画も継続しています。この患者会への活動を通してALSに関わる事前意思決定にも取り組んでおります。

さらに、脳神経外科と協力し、脳卒中センター・てんかんセンターとしての役割も担っております。急性期の脳血管内治療を含め、有機的な診療体制の構築拡充にも取り組んでおり、院内産婦人科の協力も戴き、子癇および妊娠関連高血圧脳症についても連携しております。
日々進歩する医科学にも敏感であり続け、渥美哲至当院顧問のあつみ神経内科クリニックと連携した教育および、毎年春には聖隷クリストファー大学の臨床講義など教育関連にも活動しております。

以上、尊厳を護る患者中心のチーム医療を推進することで
「地域に根ざし しなやかにのびゆく 国境なき聖浜☆神内」を目指しております。

神経内科は、診察にかなりの時間がかかることがしばしばです。11時00分過ぎに来院されますと、昼食とも重なり、検査や検査後の説明が午後遅くになってしまいます。午前中早めの受診をおすすめします。

専門外来のご案内

通常外来

初診と再診の3診です。

検査と治療の特色

特殊医療機器

診断用検査機器
  • MRI
  • マルチスライスCT
  • DSA
  • SPECT
  • 経頭蓋ドップラ
  • 頚部血管エコー
  • 脳波
  • 筋電

ザイタックス

プチ・ザイタックス

ザイタックス

医師紹介/実績紹介