グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

  1. 聖隷浜松病院トップ
  2.  >  診療科・センター・部門
  3.  >  リプロダクションセンター(生殖・機能医学科/総合性治療科)
  4.  >  総合病院で受ける生殖医療
  5.  >  新型コロナウイルス感染症に対する当院リプロダクションセンターの対応について(2020年5月18日付け)

新型コロナウイルス感染症に対する当院リプロダクションセンターの対応について(2020年5月18日付け)



いま妊娠を考えている皆さんへ

4月の緊急事態宣言以来、仕事や生活にいろいろな変化が起きています。また、日本国内でも東京をはじめとする都市圏とそれ以外の地域ではかなり状況が違ってきています。
浜松市を含む静岡県では幸いなことに、人口当たりの感染者数については低い値が維持されており、今のところ集中治療室をはじめとする診療体制も保たれています。静岡県西部地区においては地域的な感染の大流行はいまのところ抑えられていること、女性が妊娠できる期間には制約があること、残された卵巣機能から限られた妊娠のチャンスを活用するためにも、できるだけ早く妊娠の機会を獲得することをふまえた上で、当院では以下の対応をとらせていただくこととなりました。

当院の対応について

以上の感染拡大の状況などの社会情勢を踏まえた上で、当院では以下の対応をとらせていただきます。

妊娠に向けた治療について

妊娠をサポートする立場より4月以降で妊娠に向けた治療の延期を推奨してきましたが、6月以降は採卵による凍結胚の確保を中心に治療を再開いたします。

妊娠中にコロナウイルスに感染した場合

これまでのところで大きな進展はありませんので、治療の再開にあたってはみなさんの置かれた環境に合わせて柔軟に対応いたします。

その他の対応について

  • 妊娠されている方については引きつづき黄体補充などの診察は継続します。
  • 診察の間隔や薬剤の処方などについては個別の状況により柔軟に対応します。
  • 胚移植を予定している方については、移植時期の延期をお勧めします。
  • 調節卵巣刺激を開始して採卵を予定している方については、胚凍結を行った上で、胚移植時期については改めて検討します。
  • タイミング指導、人工受精などの一般不妊治療については、しかるべき時期まで延期をお勧めします。
  • がん治療前の生殖機能温存については、がん治療の状況に合わせて可能な限り対応いたします。
※治療延期する期間については妊孕環境の維持のため、ご希望により低用量ピル(LEP)などの治療を行います。
※薬剤の定期処方については電話診療などの対応も行います。

当院へ通院される皆さまへ

当センターに通院される皆さまにおかれましては、以下の点をご確認ください。
  1. 体調不良など気になる症状がある場合は通院をご遠慮ください。次の周期以降の治療に向けて体調管理をしてください。
  2. 特定警戒都道府県(緊急事態宣言対象地域)など感染流行地からの通院の場合は、感染拡大防止の観点よりあらかじめご予約前に受診のご相談をお願いいたします。
    ※新型コロナ感染ハイリスクと考えられますので、2週間以上の経過観察期間をとり、受診予約を延期していただきますよう重ねてお願いいたします。
新型コロナ感染ハイリスク(妊産婦)とは
  • 濃厚接触者(家族および職場等で濃厚に接触している人がCOVID-19陽性)→ただし、2週間の観察期間をへて症状がなければ解除
  • 妊産婦で2日以上持続する発熱、上気道炎症状、等があり、他の疾患(インフルエンザ等)で説明がつかないもの
在宅の時間をぜひ有効に活用してください。みなさんが外来に安心して来ていただけることを願っております。
聖隷浜松病院 リプロダクションセンター長 今井 伸
生殖・機能医学科部長 塩島 聡

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症と妊娠について

COVID-19 が妊娠、特に妊娠初期の胎児に及ぼす影響は明らかになっておらず、母体から胎児への感染の可能性は不明です。また妊婦における COVID-19 の感染リスクが高いとはいえません。一方で、妊婦において COVID-19 感染の重症化の可能性が指摘されていることや、感染時に使用される治療薬として妊婦に禁忌の薬剤による治療が試行されていることから、不妊治療による妊娠が成立したあとの COVID-19 感染への対応に苦慮することが予想されます。また受診や医療行為に関連した感染の新たな発生も危惧されます。
WHO が宣言したCOVID-19 パンデミックがいつまで継続するかは不明です。少なくとも当面はCOVID-19 の感染防御と感染拡大の防止に十分配慮した行動が求められます。過去のパンデミックの経験から、感染の再拡大と収束を繰り返すことが想定されており、不妊治療の実施・延期も状況に応じて選択する必要があります。
【日本生殖医学会からの声明 より抜粋】

PAGETOP