グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




がんゲノム外来

更新日:2021年4月27日

がん遺伝子パネル検査を通してがんゲノム医療の実践につなぐ、入り口としての意味をもつ外来です

当院では複数の科の医師、看護師、臨床検査技師、社会福祉士ら多職種による外来を設立しました。外来は、主治医からの紹介で受診していただき重要事項を丁寧に説明し、十分にご理解いただいた上で検査に進みます。得られた結果をがんゲノム医療の専門家集団によって十分に検討した上でわかりやすくご説明いたします。最終的な治療方針は、患者さんと主治医との相談で決定します。現段階では遺伝子変異に基づく治療薬投与が行われる患者さんは10~15%程度とされており、決して高い割合ではありません。今後がんの遺伝子情報の集積やそれに基づく新薬の開発が進めば治療薬が見つかる割合は高くなると期待されます。

がんゲノムについてはこちらをご参照ください
国立がん研究センター(外部サイト)に移動します

・「がんゲノム医療とがん遺伝子パネル検査(C-CAT)」は、こちら
・「よくわかるがんゲノム医療Q&A(がんゲノムネット)」は、こちら

受診を希望される方へ

ゲノム外来

随時診療いたします(ただし、予約制です)
医療機関を通じて、下記までご連絡ください。
地域医療連絡室(JUNC):電話 053-474-8801

【担当医】安達(産婦人科)、橋本(呼吸器科)、森(乳腺科)、細田(消化器内科)

【お問い合わせ】
がん相談支援センター:電話 053-474-2666
がん相談支援センターはこちら

当院で受けられる検査

NCCオンコパネルFoundationOne CDx
メーカーシスメックス株式会社中外製薬株式会社
検査施設理研ジェネシスファンデーション・メディスン
測定可能遺伝子数114324
生殖細胞系列変異の区別可能不可能
検体がん組織がん組織
非がん組織(血液)
測定場所国内海外
使用目的包括的なゲノムプロファイル包括的なゲノムプロファイル医薬品の適応判定補助
保険点数               56,000点
委託先                SRL

※当院は自費診療のがん遺伝子パネル検査は実施しておりません

費用について

保険診療による検査費用

パネル検査実施料8万円 + パネル検査診断・説明料48万円 計56万円

  • 上記の1~3割が、自己負担となります
  • 高額療養費制度の対象となる場合もあります
  • 検査後の治療に関する費用は、本検査の費用には含まれていません。

医療者の方へ

がん遺伝子パネル検査の対象となる方

  • 標準治療のない原発不明がん、希少がんの方
  • 固形がんの方で標準治療が終了・終了が見込まれる方

※下記に該当する場合は適応外となる可能性があります
□ PSが0-2である
□ 1か月につき2-4回程度の当院への定期通院が可能である
□ 生命予後が3か月以上であると推定される
□ パネル検査実施後1.5~2ヶ月後に造血機能や臓器機能が維持され化学療法が可能である
□ 経口摂取が可能である
□ 既存の組織検体あり、または今後も採取することができる
□ 標準治療がない固形がん(原発不明がんや希少がん)、または標準治療終了見込みである

パネル検査に必要な病理組織検体の条件

正確な検査結果を得るために、以下の条件を満たしているパラフィンブロックをご用意ください。
生検や他院検体でも可能となります。
なお、パラフィンブロックのご用意がない場合、当院にて主科の診察をうけていただき、
パラフィンブロック作成後、ゲノム外来診察となります。
□ 固定条件は10%中性緩衝ホルマリンで48時間以内であること
□ 脱灰操作をしていないこと
□ 組織表面積が25m㎡であること
□ 腫瘍細胞含有率が30%以上であること
□ パラフィンブロック作成後3年以内であること

検体送付時には、貴院での病理診断報告書も送付してください

受診申込みについて

がんゲノム外来の初診は、紹介元医療機関からの申込書が必要になります。
下記①~④の書類をご紹介元の医療機関にて記入後、FAXにて地域医療連絡室(JUNC)へ送付してください。

FAX送付先

地域医療連絡室「JUNC」
TEL:0120-107-352 / FAX:0120-107-362 
【平日】8:30~19:00 【土曜日】8:30~13:00 ※日・祝日は休み

がん遺伝子パネル検査前後の臨床情報提供のご依頼

がんゲノム医療では、患者さんががんゲノム情報管理センター(C-CAT)への情報提供に同意されますと、診療情報の提供が、がん遺伝子パネル前後で必要になります。(下記表参照)
がん遺伝子パネル検査後に紹介元病院で治療される場合は、当院に情報を共有していただく必要があります。
遺伝子パネル検査1年後を目安に、当院より提出のお願いのご連絡を致しますので予めご了承ください。
【受診前】③ エキスパートパネル開催前の臨床情報
④ エキスパートパネル開催前の薬物療法と有害事象
【受診後】 ⑤ エキスパートパネル開催後の転帰情報
⑥ エキスパートパネル開催後の薬物療法と有害事象