グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




診療実績(骨軟部腫瘍外科)

更新日:2020年3月31日

このページの目次


(病院年報2018より)

治療実績

骨肉腫 生存曲線(Kaplan-Meier)

全症例とstage別

50歳未満のstage別

年代群別

全症例

腫瘍治療実績 計1,188例(2009年12月1日~2018年11月30日)

1.良性骨腫瘍224例
2. 良性軟部腫瘍(ガングリオン、アテローマを除く)  663例
3.悪性骨腫瘍(生検を含む)  53例
4.悪性軟部腫瘍(生検を含む)96例
5.癌の骨転移80例
6.脊椎、脊髄腫瘍 (Meningioma , Schwannoma etc.) 55例
7.悪性リンパ腫 9例(開放生検のみ)
8.多発性骨髄腫 2例(開放生検のみ)
9.その他 6例
・重粒子線治療 4例(51歳男性:滑膜肉腫骨盤転移、 76歳男性:仙骨脊索腫、62歳男性:右後腹膜肉腫、 72歳女性:左鼠径部軟部肉腫)
・動脈塞栓術(TAE) 2例

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。