グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




制度・研修について

看護師特定行為研修とは

1.本研修の目的
 本研修は、急性期から在宅を含む慢性期医療の現場において、チーム医療の主軸として医療安全に配慮しつつ、高度な臨床能力を発揮できる看護師を養成すること、並びに地域の看護師の自己研鑽が継続できる基盤を構築することを目的とします。
2.本研修の目標
(1)急性期から在宅を含む慢性期医療の現場において、患者家族を包括的にアセスメントし、医師との連携のもと特定行為が適切に実施できるよう知識・技術・態度の基礎的能力を育成します。
(2)急性期から在宅を含む慢性期医療の現場において、患者の安心、安全に配慮しながら、医療チームの一員として質の高い特定行為が実施できる人材を育成します。
(3)臨床看護実践における意思決定に関わる問題に参加し、高度で専門的な特定行為を提供できる高い倫理観を持つ専門職として育成します。
(4)看護師が自らの看護実践を見直しつつ、より高度な看護師としてのキャリアビジョンを形成することができるように育成します。

≪参考≫ 公益社団法人日本看護協会『看護師の特定行為研修ポータルサイト』こちらをご覧ください。

聖隷の特定行為研修の特徴

1.研修内容は、特定の医行為を安全かつ適正に実施するために特に必要とされる実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能の向上を図るための研修です。本研修においては、当法人の基本理念である「隣人愛」の精神を持ち、高齢者や病を持つ人々の生活の質の向上に寄与するという理念を追求します。

2.聖隷福祉事業団の事業の「保健、医療、福祉、介護サービス」を柱とする、総合的ヒューマンサービスに触れることで、医療、訪問看護や介護事業などの様々な分野での活躍を視野に入れて今後のキャリアを考えることができます。

3.受講者の学習上の利便性を考え、働きながら自宅・職場等において、自由な時間・自由な時間帯で学習できるよう、eラーニングや配信教材を用いる工夫をしています

4.区分別科目の研修は自施設で行います。

定員

定員:10名
(共通科目および区分別科目の合計)

受講要件

本研修における受講については以下の要件を満たすものを対象とします。
1.看護師免許を有すること
2.看護師免許の取得後、通算5年以上の実務経験を有すること
3.所属施設にて特定行為の実践・協力が得られ、所属部門長(看護部長等)又は施設長(病院長)の推薦状があること
4.原則として、本研修の臨床実習をすべて受講生の所属する施設等(自施設)で行うこと
が可能であること。ただし、訪問看護事業所に所属するものについてはこの限りではない。
5.個人または所属する施設において看護職賠償責任保険に加入していること

研修内容および研修方法

≪共通科目≫
看護師が手順書により特定行為を行う場合に特に必要とされる実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能であって、全ての特定行為区分に共通するものの向上を図るための研修

≪区分別科目≫
看護師が手順書により特定行為を行う場合に特に必要とされる実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能であって、特定行為区分ごとに異なる行為の向上を図るための研修

≪研修方法≫
共通科目や区分別科目については、法で定められた時間数以上を、講義、演習又は実習により行います。
「講義」:e-ラーニング学習により、特定行為の実践に必要な知識を身につける。
授業の実施にあたっては、指導者が教室等以外の場所において受講者に対面することにより、又は当該授業を行う指導者若しくは指導補助者が、当該授業の終了後、速やかに設問解答、添削指導、質疑応答等による十分な指導を併せ行う。

「演習」:講義で学んだ内容を基礎として、少人数に分かれて指導者のもとで、議論や発表を行う
形式の授業。症例検討やペーパーシミュレーションを含む。

「実習」:講義や演習で学んだ内容を基礎として、少人数に分かれて指導者のもとで、主に実技学ぶ形式の授業。実習室(受講者同士が患者役になるロールプレイや模型・シミュレーターを用いて行う場)や医療現場(病棟・外来・在宅等)で行われる。ただし、単に現場にいるだけでは実習時間として算定しない。
*区分別科目の実習は患者に対しての実技を含む(臨床実習)


Copyright (C) Seirei Social Welfare Community.
All Rights Reserved.