令和元年度 聖隷沼津病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 641 118 73 162 345 408 669 1103 939 284
地域中核病院として幅広い年齢層の患者様を診察しております。
70歳以上の患者数が約49%と半分を占め、また10歳未満も約16%を占めております。
住民検診後の2次検査受診や小児2次救急を担っていることも要因です。
また、地域包括ケア病棟を2棟設けており、在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や支援を行っております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)内視鏡的ホリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 98 3.14 2.63 0.00% 69.46
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 90 5.18 4.85 0.00% 69.88
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む))等 手術・処置等2なし 61 12.64 10.34 0.00% 62.75
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部からの肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病なし 53 3.17 4.62 0.00% 65.68
060235xx97xxxx 痔瘻 手術あり 39 6.69 6.23 0.00% 48.46
外科では、乳腺外来・大腸肛門外来を専門医(予約制)が行っております。
治療内容や手術内容によってDPCコードが変わりますが、大腸・直腸癌で202件、乳癌141件、痔核・痔瘻等で94件と
件数が増加しております。
住民2次の精査・加療目的や地域連携による近隣医院からの紹介での加療増加もあります。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症 44 30.57 9.13 4.55% 80.84
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 40 12.45 7.65 0.00% 63.03
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 38 37.37 20.84 5.26% 83.55
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置2なし 定義副傷病なし 38 26.29 17.71 2.63% 84.89
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし A-DROPスコア2 37 24.70 15.17 0.00% 84.30
内科では、DPCコードが細分化された「肺炎(重症度)」が表記されておりませんが、今年度は254件あります。
また、消化器系の炎症疾患や結石・糖尿病等の症例も多いです。
睡眠時無呼吸症候群の症例も増加しております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 101 5.69 6.19 0.00% 1.41
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 75 4.16 5.39 0.00% 3.87
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 52 5.48 5.73 1.92% 3.83
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 49 5.00 6.64 0.00% 3.06
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 40 8.08 12.58 0.00% 2.58
小児科でが、急性気管支炎関連や喘息が増加傾向です。
感染症のウイルス性腸炎・尿路感染症等の感染病名も増加しております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし 115 3.11 2.49 0.00% 68.73
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 53 4.53 5.61 0.00% 58.06
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 46 8.04 7.07 0.00% 75.02
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 44 7.84 12.58 0.00% 62.66
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 23 2.13 2.64 0.00% 53.17
泌尿器科では、膀胱癌・膀胱腫瘍・尿路結石・尿路感染症等など昨年度より増加しています。
また、住民検診にてPSA検査の精査目的で「前立腺癌」診断で行う前立腺生検は今年度増加しております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 67 30.13 20.74 0.00% 84.55
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 33 7.42 5.54 0.00% 64.39
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 29 29.66 25.94 20.69% 81.93
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 19 35.37 19.59 0.00% 81.21
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 19 26.26 23.56 0.00% 74.00
整形外科では、高齢化に伴い、骨粗鬆症の症例数は多いです。
また、転倒時の骨折も増加傾向であり、大腿骨骨折は手術後経過が安定した後、地域包括ケア病棟やリハビリ目的で
地域連携医療機関へ転院されています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 297 2.00 2.78 0.00% 77.07
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 5.09
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 3.10
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 手術なし 手術・処置等2なし 9.89
眼科では、白内障の症例数がほとんどです。

(ー)表示は患者数10人未満のため非表示
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 39 6.44 6.09 0.00% 43.87
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 26 4.81 3.13 0.00% 44.15
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 24 7.13 5.59 0.00% 32.08
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 21 8.76 9.71 0.00% 46.95
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む)開腹によるもの等 16 10.50 10.11 0.00% 46.19
産婦人科では、子宮筋腫(子宮の良性腫瘍)や卵巣腫瘍の症例が多いです。
また、妊娠中の糖尿病や切迫早産等の母体管理を目的とした入院症例も多いです。
尚、集計対象外である「保険診療外(自費)」の分娩等は除外しております。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 23 8.78 11.51 0.00% 71.96
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14 8.71 9.11 21.43% 35.79
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 11.58 10.18 0.00% 32.17
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 10 2.00 3.34 0.00% 67.50
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14.62
呼吸器外科では、住民2次検査の紹介患者も増加しており、「肺癌(転移も含む)」関連症例が多いです。
また、気胸関連も多いです。

(ー)表示は患者数10人未満のため非表示
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 14 6.50 3.10 0.00% 77.36
080250xx9701xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり 46.78
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く)四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 5.41
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2なし 24.27
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 12.55
形成外科では、眼瞼下垂から褥瘡等までの症例や幅広い年齢層に多種多様に行っております。
DPCコード別では表記されておりませんが、増加傾向です。

(ー)表示は患者数10人未満のため非表示
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 7.10
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale0、1又は2 16.13
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 5.01
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18.81
010060x2990001 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale0、1又は2 6.47
脳神経外科では、DPCコードが細分化されているため「脳梗塞」が表記されておりませんが、今年度は22件あります。
今年度はてんかん症例も増加しております。
また、月1回ですが、てんかん外来(予約制)や週2回ずつう外来も行っております。

(ー)表示は患者数10人未満のため非表示
新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 32 7.59 6.17 6.25% 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満)手術なし 手術・処置等2なし 13 16.46 11.16 0.00% 0.00
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2 1あり 11.21
140010x199x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2 2あり 17.20
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満)手術なし 手術・処置等2 2あり 27.74
新生児科では、DPCコ-ドが体重別に細分化されております。
体重2500g以上の新生児一過性呼吸不全や新生児黄疸が多い症例です。

(ー)表示は患者数10人未満のため非表示
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 21 38 10 1 8
大腸癌 15 48 72 33 1 8
乳癌 33 28 35 20 1 8
肺癌 20 10 11 1 8
肝癌 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
最も羅漢率が多い5大癌「胃癌」「大腸癌」「乳癌」「肺癌」「肝癌」の病期(ステージ)ごとに症例数を集計したものです。
当病院においては、大腸肛門外来・乳腺外来の専門医(予約制)を行っております。
検査入院にて癌の確定診断に至らない場合(疑い病名)のステージは不明になっております。

(-)表示は患者数10人未満のため非表示
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 28 10.21 53.96
中等症 118 20.32 79.42
重症 28 34.07 84.04
超重症
不明
肺炎は羅漢率も高く、悪性新生物(癌)、心疾患、脳疾患と同様、国民の死亡原因の上位に入る疾患です。
総合的に対応が求められており、他職種によるチーム医療が必要な疾患の1つです。
当病院においても対応しております。

 * 成人(20歳以上)の肺炎患者様について集計したものです。
 * 「市中肺炎」とは、普段の社会生活を送っている中で羅漢した肺炎の事を指します。

 * 重症度
    1.男性70歳以上、女性75歳以上
    2.BUN21㎎/dL以上又は脱水あり
    3.SpO2 90%以下
    4.意識障害あり
    5.血圧(収縮期)90㎜Hg以下
        *5満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点と計算する

       軽症    :    0点の場合
       中等症   :    1~2点の場合
       重症    :    3点の場合
       超重症   :    4~5点の場合
       不明    :    重症度分類の各因子が1つでも不明の場合

   (-)表示は患者数10人未満のため非表示
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 22 40.50 79.82 4.55%
その他
脳血管疾患は、死亡原因の上位に位置する疾患であり「脳梗塞」は早期治療を行うと効果的とされています。
また、地域包括ケア病棟への転棟し、自宅復帰へのリハビリ等を行っているため平均在院日数が上がっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満等 81 0.49 1.83 0.00% 69.95
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア(両側) 48 0.60 2.67 0.00% 65.88
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 42 2.02 4.79 0.00% 76.21
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 38 3.53 5.50 0.00% 59.82
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 35 1.06 9.69 0.00% 62.91
外科では、鼠径ヘルニアの手術が多い症例です。
Kコード(手術コード)は同一ではありませんが、乳癌関連・大腸癌や良性ポリープの手術件数は多いです。
腹腔鏡下で行う胆嚢摘出(ポリペク)の手術も多いです。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 301 0.05 1.00 0.00% 77.52
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合
K279 硝子体切除術
眼科では、主に白内障の手術を行っています。
地域の医療機関からの紹介も多く、状況になっては外来手術を選択することも多いです。

(-)表示は患者数10人未満のため非表示
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 48 1.29 2.31 0.00% 57.79
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去的 46 1.76 2.04 2.17% 68.28
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの等 40 5.88 6.83 0.00% 73.68
K610-3 内シャント又は外シャント設置術等 27 3.30 10.59 0.00% 67.93
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 23 0.00 1.13 0.00% 53.17
泌尿器科では、腎結石・尿管結石等結石に対して破砕術やレーザーにて破砕する手術が増加傾向です。
また、透析センター併設のため、末期腎不全の患者様に対して透析導入のシャント設置や血栓等の除去を行う手術等も多いです。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨等 46 2.26 9.76 0.00% 65.72
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝等 36 1.50 23.69 0.00% 72.75
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 35 2.91 23.20 14.29% 77.97
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く)、足、指(手足)その他等 19 1.68 7.53 0.00% 51.11
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む)椎弓形成 11 3.45 16.00 0.00% 73.18
整形外科では、上肢・下肢(大腿骨骨折)の骨折症例が多いです。
また、地域包括ケア病棟併設のため、リハビリテーション目的にて転院する患者様が減少しています。
脊椎及び椎弓手術も増加しております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 32 1.00 4.53 0.00% 46.75
K867 子宮頸部(腟部)切除術 26 1.00 2.81 0.00% 44.15
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)開腹によるもの 18 3.00 7.06 0.00% 44.11
K861 子宮内膜掻爬術 18 1.00 0.28 0.00% 54.17
K877 子宮全摘術 17 0.94 7.24 0.00% 49.35
産婦人科では、子宮筋腫や子宮高度異形成に対する手術が多いです。
卵巣嚢腫・卵巣腫瘍に対する手術も増加傾向です。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満等 15 1.87 3.60 0.00% 65.40
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 11 2.18 22.45 0.00% 85.45
K654 内視鏡的消化管止血術 11 4.73 25.27 0.00% 78.45
K6872 内視鏡的乳頭切開術 胆道砕石術を伴うもの等 10 6.30 12.60 0.00% 65.30
K6851 内視鏡的胆道結石除去術 胆道砕石術を伴うもの等
内科では、胆管膵疾患や消化器疾患の診断・治療を行うことから、内視鏡的手術が行われています。
胆管疾患は結石が多く、手術に反映されています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹等
K2193 眼瞼下垂症手術 その他のもの
K0871 断端形成術(骨形成を要する)(指)
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
形成外科では、Kコード(手術コード)が同一ではないが、眼瞼下垂から乳房再建術等幅広く行っております。

(-)表示は患者数10人未満のため非表示
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 13 7.31 3.23 0.00% 33.85
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除等
K5143 肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除
K5141 肺悪性腫瘍手術 部分切除等
呼吸器外科では、Kコード(手術コード)が同一ではないが、肺癌・気胸に対する手術が行われております。

(-)表示は患者数10人未満のため非表示
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
K1742 水頭症手術 シャント手術
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K189 脊髄ドレナージ術
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫や水頭症・胃瘻造設術が行われています。

(-)表示は患者数10人未満のため非表示
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 51 1.08%
異なる
臨床上、ゼロにはなり得ないものの、少しでも改善するべきものとして定義される感染症や合併症の発生率を示したものです。
発生率が低い方が良いのですが、免疫力の低下時に合併症を発症するリスクが高いため、コントロールが困難な症例と言えます。
昨年度と比較すると、「手術・処置等の合併症」以外の症例数は10件以内と減少しております。

当病院では、透析患者も多く、透析患者の疾患で「シャント閉塞」や「シャント機能低下」にて「シャント再作成」を行うため
「手術・処置の合併症」の同一症例数51件の内43件あることから「合併症」は8件となります。
更新履歴