グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 当院について  >  第4期建築工事

第4期建築工事


第4期工事完成のご報告


 2017年9月の江原台遺跡埋蔵文化財調査から始まりました第4期工事は、新B号館が2019年8月末に竣工した後、増築手術棟も同年11月末に竣工し、既存棟内の改修も含めた全ての工事を無事完了することが出来ました。
 工事期間中に敷地内の利用制限・工事用車両の通行及び工事作業音などで、当院を利用される方や近隣住民の皆さまにご迷惑おかけしましたことをお詫びすると共に、本工事の完成を温かく見守っていただきましたことに深く感謝申し上げます。大変ありがとうございました。
 新B号館は木目調の素材を多く使用し、ロボフロアー(繊維系床材)とあわせることで急性期病院でありながら落ち着きのある療養環境をつくり、既存病棟より個室数を増やすことで入院中の快適性を向上いたしました。また安全対策・感染管理を強化した設計で、今まで以上に安心安全で質の高い医療を目指して参ります。
高層階のデイルームや談話室からは印旛沼や筑波山を望み、空気の澄んだ晴れた日には富士山も眺めることができ、景色を楽しんでいる患者さんも多くいらっしゃいます。
 新B号館1階には健診センター機能を拡張し、人間ドック・一般検診の予約待機期間と受診時の検査待ち時間短縮を図り、地域の皆さまの健康を支え予防医療を強化して参ります。
 手術棟の増築により、必要で高難度な手術にも安全で速やかに行えるようになります。また、1階のリハビリテーション室が広がったことで、早期リハビリの充実・ご自宅への復帰・退院支援を強化して参ります。
 新B号館1階の放射線部門のオープンは2020年のゴールデンウィーク明けを予定しているため、今しばらくは病院機能の整備が続きますが、安全・安心・快適な療養環境を提供し、地域の皆さま・ご支援をいただいている近隣医療関係者の皆さまからの医療ニーズに応えるため、当院の理念である「キリスト教精神に基づく『隣人愛』に立ち、患者本位のより良質な医療を求めて最善をつくします」のもと尽力して参ります。
 引き続き、ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

新B号館ギャラリー

南側からみた新B号館

北西側からみた新B号館


エレベーターホール

エレベーターホール


病棟

病棟


病棟

病棟


病室

病室


病室

病室


ナースステーション

ナースステーション


リカバリールーム

リカバリールーム


処置室

介助浴室


健診センター待合

健診センター待合


前処置室

内視鏡室


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?