グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム  > 苦情解決制度  > 平成27年度

平成27年度

平成27年10月~平成28年3月

利用者様より口頭で「夜、寒かった。寒かったから毛布をかけて寝ていたけど」との申し出を受ける。
(平成27年10月5日)
回答寒い思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。 夜勤職員が21時に巡視した際に部屋が寒かったことから、窓を確認したところ、障子は閉まっていたが窓が開いていた状況を確認しました。障子が閉まっていたため窓も閉まっているという思い込みからご迷惑をおかけしました。居室の巡視体制の強化や換気した際の申し送りの徹底について職員会議で周知徹底致しました。貴重なご意見を頂きありがとうございました。
(平成27年10月5日)

通所介護の利用者様ご家族より「助手席に空きがあるのに後部座席(定員3名)に4名乗車させようとしていたので止めさせて助手席に乗せてもらった」との電話連絡を受ける。
(平成27年12月8日)
回答送迎車両の件、ご心配をおかけしまして申し訳ありませんでした。 当該職員に確認した所、「送迎中に予定外の方の送迎指示を受け混乱してしまい、助手席を空けなければいけないと勘違いをしてしまった。」との事でした。送迎の状況に変化があった際の報告、連絡、相談の徹底を送迎関係者で再度共有、周知しました。貴重なご意見を頂きありがとうございました。
(平成27年12月8日)

ご本人様より「私、トイレによくいくんやけど職員さんから『トイレが多い。なんでそんなに行くの?』と怒られた。」「私は家にはおられないからここに来ているのに。辛いねん。」との申し出を受ける。
(平成27年12月19日)
回答辛い思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。この件につきましては、当該職員だけの問題ではなく施設全体の問題として職員会議にて問題提起を行い、ご利用者が当施設を利用している背景の理解や安心して過ごしてもらうために何が必要かを職員全体で再度共有させて頂きました。貴重なご意見を頂きありがとうございました。
(平成27年12月19日)

複数の利用者様より口頭にて「今日でたお粥が水っぽい」「このお粥じゃ食べた気にならない」との申し出を受ける。
(平成27年1月12日)
回答ご不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。 残っているお粥を確認したところ、通常より水分が多い状況がみられました。調理担当者より厨房委託業者に確認したところ、炊飯器の部品の不具合が判明し、部品交換の修理を行いました。併せて、炊き上がりや炊きムラのチェックについて、調理担当者間で周知徹底致しました。その後の不具合は見られていない状況です。貴重なご意見を頂きありがとうございました。
(平成27年1月12日)

配食サービスの利用者様の担当ケアマネジャーより「配食弁当のおかずの偏りが酷く、混ざってしまい食べられる状況になっていなかった」との申し出を受ける。
(平成27年3月29日)
回答ご不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。 弁当の持ち運びの際に傾いてしまったと考えられます。自宅テーブル等に置く最終段階での目視確認を行い、万一偏り等の不備を確認した場合には代替品を調整する対応をとることを、お弁当の配達に関わる職員間で確認いたしました。貴重なご意見を頂きありがとうございました。
(平成27年3月29日)

平成27年4月~平成27年9月

デイサービスをご利用のご家族様より「入浴の時間がいつもより遅く、不安になり調子が悪くなった」とご連絡を頂きました。
(平成27年8月31日)
回答不安な思いをさせてしまい申し訳ございません。この日は、ご利用者様の血圧が高く、入浴の時間を遅い時間に変更させて頂きました。ただし、血圧を測定した職員が、入浴が遅れる理由をご本人様にお伝えしていなかったことがわかり、ご本人様、ご家族様にお詫び致しました。血圧等を測定した際は、ご本人様に数値結果をお伝えしていくのが基本ですので職場会議で改めて周知徹底しました。貴重な意見ありがとうございました。
(平成27年8月31日)

Copyright© Seirei Social Welfare Community. All Rights Reserved.