グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム  > 苦情解決制度  > 平成29年度

平成29年度

平成29年4月~平成29年9月

(短期入所)利用者のご家族宛に、当園職員が出した手紙の内容について、当該家族より次の申し出を受ける。「以前から本人が、おやつを欲しがってることを知らせる手紙をもらったが、(短期入所利用終了時に)送ってきた職員はそんなこと言っていなかった。」「以前から欲しがっていたなら、なぜすぐ言ってこないで、突然の手紙で知らせるのか納得がいかない。」(平成29年7月27日)
回答ご本人の利用中の様子の伝達の不備からご心配をさせてしまい大変申し訳ありませんでした。ご本人の補食についての職員間の情報共有不足からご迷惑をおかけしました。お申し出を受けて、ご本人の利用中のご様子について情報伝達方法や退居時連絡票の使用等の再徹底を職場会議で周知徹底致しました。貴重なご意見を頂きありがとうございました。(平成29年7月27日)

(入所)利用者のご家族より、下記の申し出を受ける。「1か月前の面会に来たとき、本人が代替えの車いすを使っており、『本人の車いすは修理中で、代替のものを使用している。』との説明を受けた。2週間後に同様の回答があり、本日も同じ回答がなされた。本人用の車いすが修理されず、ずっと代替えの物を使用している状況について、一体どう考えているのか?」 (平成29年9月29日)
回答車椅子の修理不備の件、ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。確認した所、修理の依頼は行われていましたが進捗状況の確認が不十分で結果的に未修理の状況が続いていました。修理(依頼)伝票の流れやコンピューター上で進捗状況が確認できる様に流れを改め、必要に応じてご家族にも進捗状況の説明ができる様に対応していきます。もちろん、職員全員で利用者様の生活環境の整備について速やかに対応していきます。貴重なご意見を頂きありがとうございました。 (平成29年9月29日)

平成29年10月~平成30年3月

当該期間において公表する苦情はありませんでした。(平成30年4月1日)

Copyright© Seirei Social Welfare Community. All Rights Reserved.