グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ご利用案内  > 医療関係者の方  > 看護師特定行為研修について

看護師特定行為研修について

当院は厚生労働省より、2019年8月22日付けで「特定行為研修指定研修機関」に指定されました。
高度医療及び地域医療の場面において、医療安全を配慮し、高度な臨床実践能力を発揮し、自己研鑽を継続しながらチーム医療のキーパーソンとして機能できる看護師を育成することを目的とし、2020年4月から「共通科目」と、5区分10行為の「区分別科目」を開講します。


<当院の特定行為区分>

 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
 呼吸器(気道確保に係るもの)関連
 呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
 呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連
 創傷管理関連

<当院における特定行為研修の教育理念>

幅広い機能をもつ地域医療を支える医療施設として、求められる医療機能に応じた専門知識に基づく看護の提供、地域を含めた多職種との協働、人の尊厳が保持された誇りある人生を支える意思決定を支援する、これらをめざす看護とし、地域医療を支える看護師の育成をします。

<当院の研修の特徴>

  1. 本研修では、急性期から慢性期の幅広い対象者に実施する機会があり、また、当院看護師のニーズに基づき科目を設定しています。
  2. 当院は、毎年約60名の新卒看護師と14名の臨床研修医を受け入れ、臨床の教育施設としての実績があります。
  3. 特定行為研修修了者を含む豊富な指導を配置し、研修生1人につき1台ノートPCを配備するなど充実した研修室・図書室・シミュレーター室などの教育環境を整えています。
  4. 演習と実習は、当院の医師と認定看護師、既に研修を修了している認定看護師の指導を受けられます。
  5. 実習する環境として、十分な教育体制、医療安全体制、症例数があります。
  6. 研修責任者は、看護部のキャリア支援担当が担当し、看護師の継続教育として受講生に関わるとともに、研修委員会には当院と地域連携を共に考えている医療従事者が加わります。

<研修期間>

2020年04月01日~2021年03月31日
※本研修は、「共通科目」を履修した後に、「行為区分別科目」を受講します。全研修期間は1年(4月1日から翌年3月31日)です。やむを得ない理由がある場合は、さらに1年の延長を認め、その際は、1ヶ月前までに病院長に申請が必要となります。

<定員>

6名(2020年度は聖隷三方原病院職員のみを募集する)

<研修内容と時間数>

研修は、共通して学ぶ「共通科目」と特定行為区分ごとに学ぶ「区分別科目」に分かれており、研修は、講義、演習、実習によって行われます。共通科目を履修後に区分別科目の受講を開始します。演習、実習は全て当院で実施します。

1) 共通科目(必修科目):特定行為区分に共通して必要とされる能力を身につけるための科目
*研修期間約6ヶ月 時間数に科目修了試験各1時間を含む。
共通科目名時間数
臨床病態生理学特論30時間
臨床推論45時間
フィジカルアセスメント45時間
臨床薬理学45時間
疾病・臨床病態概論40時間
医療安全学/特定行為実践45時間
演習再掲(46時間)
実習再掲(3時間)
合計時間数250時間

2) 区分別科目(選択科目):各特定行為に必要とされる能力を身につけるための科目
*時間数に科目修了試験各1時間を含んでいない。
区分別科目科目名時間数
栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連共通事項6時間
持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整5時間
脱水症状に対する輸液による補正5時間
合計時間数16時間
呼吸器(気道確保に係るもの)関連呼吸器(気道確保に係るもの)関連
共通事項
4時間
経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの位置の調整5時間
合計時間数9時間
呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連 共通事項5時間
侵襲的陽圧換気の設定の変更6時間
非侵襲的陽圧換気の設定の変更6時間
人工呼吸管理がなされている者に対する鎮静薬の投与量の調整6時間
人工呼吸器からの離脱6時間
合計時間数29時間
呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連 共通事項4時間
気管カニューレ4時間
合計時間数8時間
創傷管理関連創傷管理関連 共通事項12時間
褥瘡又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去14時間
創傷に対する陰圧閉鎖療法8時間
合計時間数34時間

*講義、演習、OSCEを実施、区分ごとの修了試験を合格後、実習として5症例を実施します。

<出願方法>

募集要項及び出願書類一式は、聖隷三方原病院院内ホームページ「看護師特定行為研修」からダウンロードしてください。
出願書類
  1. 受講願書(様式1 ※ワープロ可)
  2. 履歴書(様式2 ※ワープロ可)*日本看護協会看護師のクリニカルラダーに準じたクリニカルラダー評価を含みます
  3. 受講志願理由書(様式3 ※ワープロ可)
  4. 推薦書(様式4 ※ワープロ可)*職場長からの推薦とします
  5. 緊急連絡先(様式5・ワープロ可)
  6. 受講申請時チェックリスト
  7. 看護師免許(写)・特定行為研修終了証(写 ※対象者のみ)・認定看護師認定証(写 ※対象者のみ)
  8. 選考料振込控え(写)


※提出された出願書類は返却致しません

出願書類提出方法
封筒の表に「特定行為研修受講申請書在中」と明記の上、簡易書留郵便で下記まで郵送してください。

〒433-8558 静岡県浜松市北区三方原町3453
聖隷三方原病院 看護部 特定行為研修 研修責任者 宛

出願期間
2019年11月05日(火)~2019年11月19日(火)消印有効

選考料及び納付方法
選考料:20,000円
納付期間:2019年11月1日(金)~2019年11月15日(金)
振込先:下記の口座へ振り込んでください。振込手数料はご負担ください。

銀 行 名 遠州信用金庫 中川支店 普通預金
口座名義 社会福祉法人 聖隷福祉事業団
総合病院 聖隷三方原病院 病院長 荻野和功
口座番号 0171051

*一旦納めた選考料は原則として返還しません。
*金融機関で発行される利用証明書をもって領収書とします。

選考方法
面接と提出書類を総合して行います。
■面接日  2019年12月03日(火)13:30~
■面接会場 聖隷三方原病院

選考結果発表
選考結果については、本人宛て簡易書留速達にて郵送します。電話やFAXでの合否の問い合わせには応じられません。
■選考結果発表日  2019年12月20日(金)