グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 看護部  > 看護体制

看護体制

チームナーシング

PNSと担当看護師の機能を一部追加

2013年よりチームナーシングにパートナーシップナーシングシステム(PNS)をとり入れ、現場(職場)でのOJTに力を入れています。PNSは看護師2人がペアとなり、対等な立場で互いの特性を生かし相互に補完し合いながら、患者さんに必要なケアを効果的に提供できる看護方式です。​

定義

チーム内の患者さんを継続して受け持ち、個別的な看護が必要な患者さんには担当看護師をおき、責任を持って安全・安心・安楽で信頼される看護を提供する。
課長を中心とした職場内の看護師同士が、良きパートナーとして対等な立場で互いの特性を生かし相互(パートナー・チーム・職場)に補完し合いながら看護実践する。

当院は新人看護師がいきいきとやりがいをもって看護を行えるように、組織全体で支援する体制が整えられています。特に職場ではプリセプターシステムを活用し、新人看護職員を個別にサポートします。

~各職場で行われている看護提供〈PNSを通して〉~