グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




運営方針

聖隷おおぞら療育センターは、施設利用者に対し、障害に即した医療を提供するとともに、個の尊厳を護り、質の高い生活を提供します


(左)木部 哲也 所長  (右)横地 健治 顧問

(左)木部 哲也 所長 (右)横地 健治 顧問

聖隷おおぞら療育センターは重症心身障害児(者)施設として以下の責務を持つと考え、重症心身障害児(者)の支援を実践します。

  • 支援対象は、小児期発症の“処遇困難度の高い障害”をもつ人達(以下に例示)とする。
    1. 重度運動障害(立位不能)と重度知能障害を合併する人
    2. 濃厚な医療的ケアを要する障害児(者)(「超重症児」が代表)
    3. 重症肢体自由児(者)(上肢・体幹機能障害が特に高度な人達)
    4. 重度知能障害と強度な行動上の問題を合わせもつ人(いわゆる「動く重症児」)
  • すべてのライフステージで支援をおこなう。
  • 【在宅(児)者支援は施設の必須な業務である。
  • 障害支援の高い専門性を持つ。以下の2点を重視する。
    1. 深い障害理解に基づいた高いQOL(生活の質)の提供
    2. 障害専門医療