グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 園長コラム

園長コラム

3月 「 卒園を前に 」

3月に入り寒さも和らぎ気温も温かくなってきました。先日、公園に行くと背の高いつくしがたくさん生えていました。もう、春ですね。
温かくなり気持ちも緩み始める頃ですが、社会全体では“新型コロナウイルス”の報道が毎日のようにされて、気が張り詰めているのではないでしょうか。皆様にはお子様の体調管理や検温等の対応に感謝いたします。今後も浜松市からの情報を皆様にもお伝えしながら、感染予防にあたりたいと思います。事務室前の連絡ボードにも対応について掲示をしてありますので、必ずご確認ください。小さな命をお預かりしている場所として、引き続きできる予防に努めてまいります。
今月は年長児の卒園を前に、様々な行事を予定しています。しかし、このような状況ですので、行事を中止したり、内容を変更して行います。卒園式に関しましても内容や参加者を変更して行う予定でいます。幼児クラスの皆様には後日、改めて詳細をお知らせ致します。
 2月中旬に年長児は卒園遠足に出かけました。今年の行き先は「竹島水族館」です。貸し切りバスに乗って出発をしましたが、子どもたちはもうそれは朝から大興奮で、バス内でも元気な声が飛び交っていました。現地では水槽の中の生き物を見ることはもちろん、アシカやカピバラのショーを堪能し、タッチプールではタカアシガニやグソクムシ・サメ等にも触れることができました。生き物に触れた子どもたちからは、「サメのお腹はポヨポヨしていて気持ちいい!」、「カニの体は触ると痛そうだけど、ゆっくり触ると全然痛くないよ。」等、それぞれが感じたままを言葉で表現していました。本物をじっくり観察し、又、実際に触れることでその生き物の生態がわかることもあります。改めて本物にふれることがこの時期には大切なことだと感じました。
今年の年長児は絵を描くことが大好きなお子さんが多く、今回の卒園遠足でもスケッチブックとクレヨンを持って出かけました。実際に見たり、触ったりしたことをその場で絵に表現する子どもたち。それぞれが感じたことを表現できることはとても素晴らしいことだと思います。今回の卒園遠足は友だちや保育者との思いでづくりだけではなく、生き物を見て触って、そして絵に表現できたことも子どもの成長にプラスになったことと思います。
ちなみに、卒園制作でも得意なことを活かし、各園庭の看板や、手の平を使った動物絵画を作成しました。また、園内に飾りますのでぜひご覧ください。
 今年度も残りひと月となりました。今年度は園舎の改修工事もありご不便をおかけしましたが、保護者の皆様には園の運営にご理解とご協力をいただきましたことを心から感謝申し上げます。ありがとうございました。


RSS

2020年4月8日
園長コラム
 賑やかだったセミの鳴き声も静かになり夏から秋へと移り変わりを感じます。今年の夏は不安定な天気が多かったですが、先日無事プール納めを行うことができました。連日水遊びのご用意をいただきありがとうございました。
新型コロナウイルスが急拡大する中、感染が身近に迫り医療現場も緊急な対応が求められ大変な状況下であると思います。お子様を安心して預けていただけるよう園内の感染対策の意識を高めて安全な保育の運営に努めてまいりたいと思います。ご心配なことなどありましたらいつでもお声がけください。8月末に予定しておりました育児講演会、懇談会も急遽中止とさせていただきました。ご都合をつけて参加を予定して下さった保護者の皆様にはご迷惑をおかけいたしました。ご理解、ご協力いただきありがとうございました。保育参加につきましても開始を延期とさせていただいていますが、お子さんの園での生活や遊びを見て知っていただける機会をできるだけ作っていきたいと思いますので、今後の状況をみてご案内させていただきます。
東京2020オリンピックが閉幕し、現在はパラリンピックが行われています。力を尽くしスポーツに真摯に向き合う選手の姿、様々な個性を持つ人々が人種を超えて互いの健闘を称え合う姿には、私自身も胸が熱くなり感動を味わっています。幼児クラスでは、担任がオリンピック開幕から少しずつオリンピック、パラリンピックスポーツ競技の写真、国の国旗、あいさつの言葉、各メダル数などを掲示しています。4歳児からの「オリンピックがいつからいつまでなのか書いて欲しい」という言葉がきっかけとなり、今も続いています。掲示を眺めながら子どもたちが「パラリンピックの自転車はどうやって漕ぐのかな?」と友だちと話したり、書かれている文字を読んだり、メダルの数を数えて比べたりしている姿が見られます。パラリンピックは、義足や義手など道具を使って行ったり、伴走者と共に行われたりします。工夫をすることで「できない」を「できる」に変えるヒントがあるのも見どころの一つと言われています。あるラジオ番組で、パラリンピック競技の魅力を親子で共有する時の1つのポイントをお話されていました。それは、親子で一緒に見る時に「親の目線で伝えるのではなく、お子さんの目線で感じたことを親子で一緒に考えてみる」ということです。この効果を「リバース・エデュケーション(教育の逆転現象)」と言うそうです。子どもの純粋な目で見た感性を親が知ることで、親自身の成長、新たな発見につながる効果を生むという事でした。大人よりも偏見や先入観のない子どもの方が新しい価値観を受け入れやすく興味を持ったことをどんどん吸収し、それを表していきます。こういった機会を通じて、世界には様々な国、人種、ハンディをもっておられる方がいること、様々なスポーツ競技があること、異文化の選手がスポーツを通じて交流する姿など様々なことを見て感じて知ることができます。自国開催だからこそ身近にオリンピック・パラリンピックに触れることができる今、園でも子どもたちが一つでも何かに興味や関心が持てる機会を作っていきたいと思います。