グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 園長コラム

園長コラム

3月 「 卒園を前に 」

3月に入り寒さも和らぎ気温も温かくなってきました。先日、公園に行くと背の高いつくしがたくさん生えていました。もう、春ですね。
温かくなり気持ちも緩み始める頃ですが、社会全体では“新型コロナウイルス”の報道が毎日のようにされて、気が張り詰めているのではないでしょうか。皆様にはお子様の体調管理や検温等の対応に感謝いたします。今後も浜松市からの情報を皆様にもお伝えしながら、感染予防にあたりたいと思います。事務室前の連絡ボードにも対応について掲示をしてありますので、必ずご確認ください。小さな命をお預かりしている場所として、引き続きできる予防に努めてまいります。
今月は年長児の卒園を前に、様々な行事を予定しています。しかし、このような状況ですので、行事を中止したり、内容を変更して行います。卒園式に関しましても内容や参加者を変更して行う予定でいます。幼児クラスの皆様には後日、改めて詳細をお知らせ致します。
 2月中旬に年長児は卒園遠足に出かけました。今年の行き先は「竹島水族館」です。貸し切りバスに乗って出発をしましたが、子どもたちはもうそれは朝から大興奮で、バス内でも元気な声が飛び交っていました。現地では水槽の中の生き物を見ることはもちろん、アシカやカピバラのショーを堪能し、タッチプールではタカアシガニやグソクムシ・サメ等にも触れることができました。生き物に触れた子どもたちからは、「サメのお腹はポヨポヨしていて気持ちいい!」、「カニの体は触ると痛そうだけど、ゆっくり触ると全然痛くないよ。」等、それぞれが感じたままを言葉で表現していました。本物をじっくり観察し、又、実際に触れることでその生き物の生態がわかることもあります。改めて本物にふれることがこの時期には大切なことだと感じました。
今年の年長児は絵を描くことが大好きなお子さんが多く、今回の卒園遠足でもスケッチブックとクレヨンを持って出かけました。実際に見たり、触ったりしたことをその場で絵に表現する子どもたち。それぞれが感じたことを表現できることはとても素晴らしいことだと思います。今回の卒園遠足は友だちや保育者との思いでづくりだけではなく、生き物を見て触って、そして絵に表現できたことも子どもの成長にプラスになったことと思います。
ちなみに、卒園制作でも得意なことを活かし、各園庭の看板や、手の平を使った動物絵画を作成しました。また、園内に飾りますのでぜひご覧ください。
 今年度も残りひと月となりました。今年度は園舎の改修工事もありご不便をおかけしましたが、保護者の皆様には園の運営にご理解とご協力をいただきましたことを心から感謝申し上げます。ありがとうございました。


RSS

2020年4月8日
園長コラム
 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
保護者の皆様のお力添えのおかげで無事新年を迎えられたこと、心より感謝いたします。2021年の終盤には新たな変異種、オミクロン株の発生により国内感染拡大が懸念される状況ですが、本年もより一層感染防止対策に注意しながらも、お子さんが安心安全に過ごせる保育に取り組んで参りたいと思います。
さて、12月にはクリスマスをお祝いする時をもつことができました。たんぽぽ組、つくし組はお子さんに無理のない形で日頃の保育の中でクリスマスをお祝いする時をもち、すみれ組、幼児クラスは場所と時間を分けてクリスマス祝会を開催させていただきました。保護者の皆様には、ご理解ご協力いただきましたこと感謝いたします。
クリスマスを迎えるにあたって、大切にしたい思いやねらいを確認し、各年齢に合わせどのようにクリスマスを迎えていきたいかを職員間で考えてきました。月齢の小さいお子さんには、保育者の祈る姿、お子さんへの関わりを通して神様に愛されていることを感じられるようにと過ごしてきました。月齢によっては皆で集まって行っていた礼拝を、保育者の誘いかけで集まったお子さんと心静かに祈り、クリスマスのお話を聞いたりする礼拝へと変え少しずつ近づくクリスマスを感じながら過ごしました。その場には来ないお子さんも、遊んでいる傍らで聴こえてくる祈りのことばや讃美歌を感じています。その子自身の気持ちを大切に過ごす中で、祈りの時にはそっと目を閉じ小さな手を組もうとしたり、礼拝の準備を始めると自ら集うお子さんの姿があり「いっしょに」をより感じられたクリスマスとなりました。幼児クラスでは、ページェント(降誕劇)に取り組んできました。3歳児はごっこ遊びを通してイエス様の誕生をお祝いし、4,5歳児はごっこ遊びから自分がやってみたい役を決め、友だちと心を合わせて降誕劇へとつくり上げてきました。今まで見てきたページェントに憧れの気持ちを抱き、なりたい役を選んで決めていく役決めでは、子どもと一対一で担任が思いを聞いていきます。自分の気持ち、考えを表現することを大切にしたいという思いから、じっくりと子どもの話を聞いていきます。その上で、皆で役決めをしました。希望の役が重なりすんなりは決まりません。役が重なるとその分人が足りない役も出てきます。クリスマスの意味に触れ「神さまが大切なイエス様を贈って下さったクリスマスの出来事を伝える」「どの役も欠かすことのできない大切な役」「皆でつくるページェント」ということを伝え進めていく中で、「私は〇〇の役がしたい」とまっすぐ気持ちを表現する姿や「この役がないとページェントをみんなでできないからこの役にする」と希望の役から意見を変える姿もありました。このようなお子さんの一つひとつの思いを大切に職員も共にページェントをつくり上げていきました。
クリスマスの行事を通して、神さまの愛の中でお子さんが他者と気持ちを分かち合い共に過ごす喜びを味わったり、葛藤を覚えながら自分の気持ちに折り合いをつけ乗り越えたり、達成感を味わったり、それぞれの心に育ちの種がまた一つひとつ蒔かれたように思います。その営みに神さまが寄り添い成長させてくださることを信じ、この一年の歩みを新たに進めたいと思います。