グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 園長コラム

園長コラム

3月 「 卒園を前に 」

3月に入り寒さも和らぎ気温も温かくなってきました。先日、公園に行くと背の高いつくしがたくさん生えていました。もう、春ですね。
温かくなり気持ちも緩み始める頃ですが、社会全体では“新型コロナウイルス”の報道が毎日のようにされて、気が張り詰めているのではないでしょうか。皆様にはお子様の体調管理や検温等の対応に感謝いたします。今後も浜松市からの情報を皆様にもお伝えしながら、感染予防にあたりたいと思います。事務室前の連絡ボードにも対応について掲示をしてありますので、必ずご確認ください。小さな命をお預かりしている場所として、引き続きできる予防に努めてまいります。
今月は年長児の卒園を前に、様々な行事を予定しています。しかし、このような状況ですので、行事を中止したり、内容を変更して行います。卒園式に関しましても内容や参加者を変更して行う予定でいます。幼児クラスの皆様には後日、改めて詳細をお知らせ致します。
 2月中旬に年長児は卒園遠足に出かけました。今年の行き先は「竹島水族館」です。貸し切りバスに乗って出発をしましたが、子どもたちはもうそれは朝から大興奮で、バス内でも元気な声が飛び交っていました。現地では水槽の中の生き物を見ることはもちろん、アシカやカピバラのショーを堪能し、タッチプールではタカアシガニやグソクムシ・サメ等にも触れることができました。生き物に触れた子どもたちからは、「サメのお腹はポヨポヨしていて気持ちいい!」、「カニの体は触ると痛そうだけど、ゆっくり触ると全然痛くないよ。」等、それぞれが感じたままを言葉で表現していました。本物をじっくり観察し、又、実際に触れることでその生き物の生態がわかることもあります。改めて本物にふれることがこの時期には大切なことだと感じました。
今年の年長児は絵を描くことが大好きなお子さんが多く、今回の卒園遠足でもスケッチブックとクレヨンを持って出かけました。実際に見たり、触ったりしたことをその場で絵に表現する子どもたち。それぞれが感じたことを表現できることはとても素晴らしいことだと思います。今回の卒園遠足は友だちや保育者との思いでづくりだけではなく、生き物を見て触って、そして絵に表現できたことも子どもの成長にプラスになったことと思います。
ちなみに、卒園制作でも得意なことを活かし、各園庭の看板や、手の平を使った動物絵画を作成しました。また、園内に飾りますのでぜひご覧ください。
 今年度も残りひと月となりました。今年度は園舎の改修工事もありご不便をおかけしましたが、保護者の皆様には園の運営にご理解とご協力をいただきましたことを心から感謝申し上げます。ありがとうございました。


RSS

2020年4月8日
園長コラム
 寒さも少しずつ厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じられる頃となりました。
先日はクリーンデーにご参加いただき感謝いたします。保育室や園庭など普段の掃除では行き届かない場所もきれいにしていただいたおかげで、子どもたちが気持ち良く過ごし遊ぶことができております。ありがとうございます。
幼児クラスでは、現在、子ども会議という時間を設けています。クラスの中で起きた出来事、困ったこと、うれしかったことなどを共有し、子ども自身が自分の思いや考えを表現したり、相手の思いを聞いて一緒に考えたりします。
ある日の会議の様子です。5歳児と4歳児が一緒に行った会議のテーマは「遊びの部屋の片付け」でした。遊びの部屋は、好きな遊びを自分で選び主体的に遊び出せること、また興味関心のある遊びを通じて子ども同士の協同的な遊びが生まれることを目的として設置しているお部屋です。廃材制作、ボードゲーム、ブロックなど遊びのコーナーを設けています。そこでは片付けの課題が生まれています。使用した後の部屋は、使った道具、材料の残り、おもちゃが置いたまま使ったままという状況が多々見られています。そこで「片付け」について、子どもと保育者と一緒に考える時間を持つことになりました。散らかっている部屋を見てどう感じたのか、どうしたらみんなが気持ちよく遊べる部屋になるのか、子どもたちに担任が意見を聞いていきます。4歳児からは「自分が使ったものは自分で片付ける」「次に遊びたいおもちゃで遊ぶ前に片付ける」という意見が出てきました。すると5歳児からは「自分でできない子もいるよ」「そうしたら、また片付けができない部屋になっちゃう」「自分でできない子が上手くできなくてもお部屋が片付けできるように、遊びのコーナーを片付けるグループを決めてやればいいと思う」「いつも同じ子ばかりだと大変になっちゃうからお当番表みたいに表を回して交代すればいい」という意見が出てきました。4歳児の意見も5歳児の意見もどれも「そうだね、そういう方法もあるね」と受け止められ話し合いは進んでいきます。そのやり取りを見ていて、子どもたちなりにこの問題に対してどうしたらいいのか、これまでの経験の中で編み出したそれぞれの知恵を出しながら考えていることが見えてきました。また5歳児の発言では、自分一人の問題だけではなく周りの友だちのことも考えてみんなが片付ける為にはどうしたらよいか解決策を見出そうとしていることが見えてきました。日々過ごしている友だちのことをよく見て理解しているからこその発言であり、相手の視点に立って物事を想像し、視野を広げて考える力が育ってきているとも感じられました。これは、事例の一つですが、最近では子どもの方から「まだ使える画用紙が捨ててあってもったいないから、みんなに伝えたい」「ダンゴムシを飼ってもいいかみんなに聞いて決めたい」と主体的に関わる姿、仲間として周りの友だちを認識しみんなで考えたいという意識の芽生えも感じます。保育者が解決策を教えたり、ルールや物事をすべて決めてしまったりするのではなく、子ども自身が他者と思いを伝え合い考え合う中で決定し解決しようとする過程を大切に、子どもたち自身が生活を進めていく力をこれからも育んでいきたいと思います。
 11月29日(月)からアドベント(待降節)に入り、クランツの一本目のろうそくに火が灯りました。それぞれのクラスでお子さんの月齢や様子に合わせて、少しずつ近づいてくるクリスマスを楽しみに待ちながらお祈りや礼拝の時をもっています。クリスマスを迎えるにあたって神様が私たちの為に大切なイエス様をおくってくださったうれしい出来事を通し、一人ひとりが愛されていることを知り、クリスマスの喜びを皆で分かち合うことができればと思います。