グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 園の特色  > 園長あいさつ

園長あいさつ

 私たちは50名程度の3歳までの小さな保育園です。キリスト教の精神を通して一人ひとりの子どもを愛し大切にしながら、保護者の皆様と一緒に成長を喜び合える、家族のような温かい保育園でありたいと思っております。
子どもの成長は一直線ではなく、大人が想像する以上に色々なことに思いを馳せて、行きつ戻りつつしながら育つものですね。どんな時でも、ありのままに子どもを認め受けとめて見守ることが、大人の務めであると私は思います。一見、後退しているように見えることも、実は成長の大切な一部なのです。
大好きな大人にいつも見守られ、ありのままの自分を認め、受け止めてもらいながら育ってゆく、その経験の積み重ねが、ゆるぎない自己肯定感をもった大人の心を作る土台となっていくのだと思います。社会に出た時に自己実現できる夢のある、しなやかで強い心を育てていきたいと思います。子育てはすぐに結果の出ない長い営みです。そのような中にも一つひとつの小さな喜びを保護者の方と一緒に感じながら共に歩んでいきたいと願っています。
園長植田 昭子