グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 今月の聖句  > 2月の聖句

2月の聖句

「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。
そうすれば、開かれる。」
マタイによる福音書7章7節


聖隷三方原病院   佐藤志伸
今月の聖句も「山上の説教」の一つです。この御言葉を通じてイエスさまは「父なる神さまは祈ることを求めておられる。信じて祈りなさい。神さまは必ず聞いていてくださる。その上であなたたちに最も必要な助けをお与えくださる。だから信じ、ゆだねて祈り続けなさい。」と教えてくださいました。
「慈しみ深き」と呼ばれている讃美歌があります。作詞者ジョゼフ・スクライヴェンは「山上の説教」の御言葉に従って生きることを大切にし、常に弱い立場にある方々と共に歩まれたと言われています。彼は忘れることのできない、つらく、悲しい経験を何度もされたのだそうです。しかし彼が「自分たちにはイエスさまという友がいてくださる。どのような状況に置かれようとも、神さまを信じ、全てをおゆだねして祈るならば、必ずイエスさまが憂いを取り去ってくださる。重荷をおろさせてくださる。憐れみ、慰めてくださる。愛を持って導き、いたわってくださる」と信じる恵みをいただいていたことを、この讃美歌から知ることができます。神さまは私たちにも祈り続けることを求めておられます。「あなたがたの天の父である神さまは求める者に良い物をくださるにちがいない」(マタイ7:11後半)。神さまの私たちへの愛の深さをよく御存知であるイエスさまはそう教えてくださっています。