グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 今月の聖句  > 5月の聖句

5月の聖句

「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。」
マルコによる福音書 第10章14節より


聖隷三方原病院   佐藤志伸
どのご家庭でも、子供たちは神さまからいただいた何よりも大切な存在です。ある日のこと。人々はその大切な子供たちが心もからだも豊かに成長するように祝福していただきたいと願ってイエスさまの所に集まって来ました。それを見た弟子たちは「子供たちが我々の先生に近づくことは相成らぬ」と叱ったのです。しかし、その時イエスさまがきっぱりとおっしゃったお言葉が今月の聖句です。子供は自分一人の力で生きていくことはできません。大人たちの愛情を受け、生活に必要なものを与えてもらわなければなりません。神の国は子供たちが大人の愛情に寄り頼んで生きて行く以外に生きる道がないのと同様に、神さまの愛に寄り頼んで生きて行く以外に生きる道がない。ただ、神さまがお与えくださる恵みと愛のみ。他に頼るものが一切無い。まさに神さまに対して子供のような存在、イエスさまは神の国はそのような人々のものだとおっしゃってくださいました。この後の16節にはイエスさまが子供たちを抱き上げ、手を置いて祝福してくださったと記されています。そのお姿から、イエスさまの子供たちに対する大きく、深い愛を知ることができます。そしてこの愛は変わること無く、今を生きる子供たちをも包んでいます。