グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 今月の聖句  > 6月の聖句

6月の聖句

「野の花がどのように育つのか、注意してみなさい。働きもせず、紡ぎもしない。」
マタイによる福音書 第6章28節 


聖隷三方原病院  佐藤志伸
その時、イエスさまが目をとめられたのは「野の花」でした。風に揺らぎながら花を咲かせている姿をごらんになって、弟子たちに今月の聖句をおっしゃったのでありましょう。あえて名を記されることもない野の花。普段でしたら何となく見ているその花をイエスさまは「注意してよく見なさい」とおっしゃいました。野の花の命を輝かせてくださっている神さまの恵みをしっかりと見るようにと促されたのです。野の花は自ら働くことも紡ぐこともしませんが、神さまが必要なものをお与えくださり、その成長を見守っていてくださいます。
神さまは、はかない存在である野の花にも愛をそそぎ、美しく咲かせてくださいます。まして、神さまが御自分にかたどってお造りくださった私たちに対してはなおさらのこと、惜しみなく愛してくださり、命の日々を輝かせてくださいます。私たちもいつも共にいてくださる神さまに見守られながら、生きるために必要な恵みをいただいています。さらにイエスさまはおっしゃいました。「あなたがたは明日のことまで思い悩む必要はないのです。その日の苦労は、その日だけで十分です。」この御言葉はただの気休めではありません。イエスさまは真の救いを私たちにもたらしてくださるお方です。全てをおゆだねして従って来るようにとお招きくださっています。