グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 今月の聖句  > 8月の聖句

8月の聖句

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。」
テサロニケの信徒への手紙一 第5章16~18節前半


聖隷三方原病院 佐藤志伸
困難の中にあったテサロニケの町の信徒たちに届いた手紙は、イエスさまによって強く結ばれていたパウロからのものでした。大きな喜びに包まれて、この手紙を読んだことでしょう。
イエスさまは祈りの方です。十字架の上でも祈られました。父なる神さまに全てをおゆだねしたお姿がそこにはありました。私たちは「祈ることしかできない」、あるいは「祈ることならばできるけれど」という思いを抱いてしまうことはないでしょうか。しかし、イエスさまの祈るお姿によって示されるように、祈ることこそ真の力です。祈りが無力であると考えるならば、それは、神さまが無力であると考えることにつながるのではないでしょうか。
ただ、神さまにのみ信頼し、祈り求めること。救い主イエスさまに倣い、その生涯を祈りの内に歩むこと。聖霊のお導きにより神さまと結ばれた者にはそのように生きる恵みが与えられています。
これまであまり祈ったことがないという方もおられると思います。まず、ご家族やご友人、これまで出会った方々のお顔を思い浮かべて、神さまに祈ってみてはいかがでしょうか。そうする事でご自分がこれまでどれ程多くの方々に愛され、支えられてきたのかを実感することになりましょう。さらにどれほど神さまに愛され、守られてきたかにも目を開かれ、感謝の思いに満たされることでしょう。また、特にこの時「主にある真の平和」を祈り求めてまいりましょう。