グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 園長コラム  > ご入園、ご進級おめでとうございます

ご入園、ご進級おめでとうございます

園長 岡田 絵里子
 今年は暖冬だったせいか、例年よりも桜の開花が早かったようです。日に日に暖かくなり、心身ともにほっとできる季節になりました。3月には32名の子どもたちを見送りました。それぞれの小学校でその子らしさを発揮してくれることと思います。そして今年度は27名の新入園児を迎え、176名でスタートをしました。子どもたちはもちろん、保護者の方にとっても新しい環境での生活が始まりますので特に最初は大変なことと思います。子どもだけでなく、大人にとってもこの「聖隷こども園わかば」が安心できる居心地の良い場所になるよう、職員一同努力してまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
さて、聖隷こども園わかばの園目標は『子ども自身に生きさせよ~自分で考え、判断し、行動する子ども~』です。これについては、私たち職員も毎年思いを確認しています。子どもは大人が思う以上に様々なことを考えています。その結果、大人が思いもよらないことを試したりします。それをどのくらい見守れるでしょうか?子どもがなぜそのように考えてそうしたのか、一部始終を見ていれば分かることが多いかもしれませんが、その場面の一瞬を見ただけで物事を決めつけてしまうと、もしかすると「やめて」「だめよ」と行動を止めてしまうこともあるかもしれません。大きな事故につながりそうなことは止める必要がありますが、子どもの考える力を大事にするために少し見守ることも必要だと思っています。やってみた結果、思うようにできなくて悔しがったり、怒ったり、少し怪我をしてしまったり…でもまた考えてやってみたりするでしょう。それが子どもの「生きる力」につながるのだと思います。大人側からすると、簡単なやり方が分かりつい口出しをしたくなったり、結果だけを与えたくなったりすることもあります。でもそれでは、自分で考えて、判断する力は身につかないのだと思います。一見遠回りに感じることもありますが、私たちは「みんな一緒に○○ができる」ことよりも、一人ひとりが考えて、達成感を味わいその子の力につながっていくことを願っています。成長のスピードはそれぞれです。焦ることなく、人生の土台となるこの大切な時期をご家庭と園で愛情をたっぷり注ぎながら過ごしていきたいと思います。
 新型コロナウイルスの感染拡大のニュースが日々気になるところですが、状況が落ち着くまで今まで通り検温やアルコール消毒のご協力をお願いいたします。また、風邪症状がある場合はご家庭で様子を見ていただくよう引き続きよろしくお願いいたします。
 今年度もどうぞよろしくお願いいたします。