グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 園長コラム  > 子どもの「あそび」を考える

子どもの「あそび」を考える

園長 岡田絵里子
今年も雨の多い7月でした。近年は雨の降り方も異常な感じですので、今まで以上に気をつけなくてはいけませんね。雨が降っていなくても雷が鳴っている時や風向きが急に変わった時は要注意です。外遊びも控えなくてはいけません。子どもたちにも伝えていきたいと思います。
さて、新型コロナウイルス感染症が浜松市内でも一気に広がりを見せ、驚きましたね。ここ数か月、登園自粛期間があったり、不要不急の外出の自粛が求められたりして我慢の時期が続きました。ようやく、少しずつ活動範囲を広げられるようになった矢先にこの状況となり、引き続き十分気をつけなくてはいけないと改めて気持ちを引き締めました。夕涼み会も縮小で行う予定としていましたが、直前になって中止とさせていただき余計にがっかりさせてしまったのではないかと申し訳なく思っています。保護者の皆様にはご理解いただき感謝いたします。夕涼み会ごっことして、園内で楽しめるように準備を進めていきたいと思います。
先日、「論理的思考の芽生え ~生き生きと考える子どもたちのために~」というテーマで職員勉強会が行われました。ここでの内容を少しご紹介させていただきます。以前から時々このおたよりでも書いていますが、子どもは大人が困ったなと思うようなことを次々と行い、自分の中でいろいろなことを試しています。その中で子どもなりに考えているのですね。講師の先生の言葉の中に、「教えることができる知識と、教えることができない知識がある」ということがありました。本当にその通りだと思います。子どもは、楽しいと思うことをやりたいからやっていて、これが「子どもの自発的な活動」=「あそび」となります。その「あそび」が時に大人にとっては困った行動であったり、やめてほしい行動となったりするので悩ましいところなのですが…。でも、子どもはこの自発的な行動の中から「知識」を得ているのです。そしてここで得る「知識」はその後の学びにつながっていくのです。子ども自身は楽しいからあそんでいるのであって、どんな「知識」を得ていて、今後どうつながっていくのかとは当然自覚していません。でも、私たち保育者は、子どもの成長過程を理解して、その子がなにを得ようとしているのか知っていく必要があるのです。そして、子どもは「考えることが好き」という先生の言葉も印象的でした。できそうでできない、そんなことにチャレンジすることが子どもは好きですね。
そこで、わかばの園目標です。「子ども自身に生きさせよ~自分で考え、判断し、行動する子ども~」
これを基本に、子どもの考える力や、しようとしていることを大事にしていきたいと思います。どこまで子どもの行動を見守るか、時に難しい場合もあると思いますが、子どもの心持を大事にした保育、関わりをこれからも職員一同行っていきたいと思います。
最後になりましたが、今年は終戦から75年を迎えます。近年は、大きな災害や感染症に悩まされることが多くなっていますが、やはり忘れてはいけないことだと思います。新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、今まで「普通」とされてきたことが普通ではなくなりました。様々な制限を強いられ、「我慢」の日々となっていますが、このような時だからこそ「平和」についてみんなで考えることが必要ですね。何が「平和」なのか、私たちはどうあるべきか。日常を見直し、些細なことを幸せだと感じられる心が持てるといいなと思います。