グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 特色・取り組み  >  緩和ケア病棟

緩和ケア病棟

当院では、2009年4月1日より日本緩和医療学会認定研修施設に認定されています。


当院の特色

緩和ケア病棟個室

当院では2005年7月より一般病棟の一部を使い「緩和ケア」活動を開始しました。
地域のニーズも非常に高く、2007年6月には一般病棟を改修し専用病棟として活動しております。
2008年6月には、緩和ケア病棟の承認施設となりました。
千葉県下では国立がんセンター東病院などに次いで5施設目、印旛保健医療圏では初の認可施設となります。

病棟の概要

● 全室個室18床(以前は50床の病棟であった)
● 病棟面積 1451平方m
● 談話室・ファミリーキッチン(家族用台所)・家族控え室・ボランティア室
● 専任医師1名、看護師15名、その他3名

関連病院である聖隷三方原病院(静岡県浜松市)は、日本で最初に緩和ケア病棟(ホスピス)を開設しており、運営にあたってはスタッフの交流や情報交換などをおこなっています。

談話室


参考ホームページ
(別ウィンドウで開きます)
日本ホスピス緩和協会


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?