グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 医療技術部  >  薬剤科  >  業務内容

業務内容

調剤

医師から発行された処方箋に基づき、お薬を調剤しています。
お薬の飲み合わせは問題無いか、重複しているお薬は無いかなど、様々な事柄を確認しながら業務を行っています。
患者さまの検査値確認も行っており、特に当院では腎臓の機能の確認に力を入れています。


製剤

治療や検査の際、市販されているお薬だけでは十分で無い場合があります。そのため、薬剤科にてお薬同士を混ぜたり、試薬を使用して、新たなお薬を調製しています。
 吸入薬・塗り薬・坐薬・目薬など、様々な種類があります。治療や検査のニーズに応えるためにも大切な業務のひとつです。

DI

DIとは「Drug Information」のことで、医薬品の情報を取り扱います。副作用や臨床現場におけるデータなど、医薬品に関する膨大な量の情報を収集・管理・整理し、必要に応じて提供しています。
毎月DIニュースを発行し、医師や看護師など医療スタッフへの情報提供を行っていると共に、医薬品に関するお問い合わせに対応しています。

抗がん剤ミキシング

外来・入院で抗がん剤治療を行う患者さまに使用する注射薬を安全キャビネットという専用の設備を使って無菌的に調製しています。調製に関わる薬剤師は防護衣を着用し、抗がん剤による曝露にも注意しています。

外来化学療法

外来に通院しながら抗がん剤治療を行う患者さまとの面談を通院治療室にて行っています。抗がん剤の説明や副作用の確認、薬について医師への確認や提案等を行います。通院治療室には薬剤師が常駐しており、看護師と協働しながらより安全な抗がん剤治療を目指しています。


病棟業務

薬剤管理指導業務

入院されている患者さまの病室へ伺い、お薬について説明を行っています。お薬の効き目、飲み方、副作用、その他注意していただきたいことなどについてお話しています。
 お薬に関しまして、分からないことや不安なことなど何かありましたら遠慮なくご相談ください。


病棟薬剤業務

それぞれの病棟につき1名の薬剤師が常駐し、病棟における薬について全般に関わっています。患者さまのお薬に関する情報をまとめ、安全にお薬が使用されるよう医療スタッフへの情報提供を行っています。
 また、患者さまがご自宅から持参されたお薬について、内容を確認させていただき、飲み合わせに問題がないか等の確認も行っています。



チーム医療

院内には、NST(栄養サポートチーム)、ICT(感染制御チーム)、緩和ケアチーム、循環器チーム、骨粗鬆症リエゾンサービスチーム、褥創対策チームなどのチームがあります。
薬の専門家である薬剤師は、医師・看護師をはじめとする様々な職種のスタッフと協働して院内活動を行っています。

治験

治験は、「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」(GCP=Good Clinical Practice)という規則の下、新しいくすりや医療機器の『候補』について、病気に対する効果や安全性を確認し、国(厚生労働省)に承認してもらうために行われる臨床試験のことです。

当院では、これまでに「腎臓内科」「整形外科」「循環器科」「緩和医療科」などで治験を実施しております。また、患者様が安心して治験に参加して頂けるよう、治験期間中は専門の職員(治験コーディネーター)がサポート致します。

教室

<腎臓病教室> <糖尿病教室>を開催しています。
 ・腎臓病教室では、「腎臓病と長く付き合うためには」と題し、腎臓が悪くなるとどうしてお薬を飲むのか、理由を挙げながらお話しています。
 ・糖尿病教室では、「知って安心、分かりやすい薬の話」と題し、糖尿病で処方される飲み薬、インスリンについてお話しています。
 
医師、看護師をはじめ、様々な職種のスタッフがチームで携わっており、それぞれの視点から病気についてお話しています。患者さまだけでなく、どなたでも参加自由です。
みなさまのご参加お待ちしております。

腎臓病教室について
糖尿病教室について

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?