グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 医療技術部  >  薬剤科  >  保険薬局のみなさまへ

保険薬局のみなさまへ

院外処方せんにおける疑義照会簡素化プロトコルの運用について

平素より当院の処方せんを応需いただき有難うございます。
当院では、調剤上の典型的な変更に伴う疑義照会を減らし、患者さんへの薬学的ケアの充実および処方医師の負担軽減を図る目的で「院外処方せんにおける疑義照会簡素化プロトコル」を運用しております。
本プロトコルを適正に運用するため、開始にあたっては、プロトコルの趣旨や各項目の詳細について当院担当者からの説明をお聞きいただいた上で、合意書を交わすことを必須条件としております。本取組みへの参画を希望される場合には、薬剤科までご連絡ください。


トレーシングレポート

 当院では、医薬品適正使用推進や医療安全の観点から、トレーシングレポートを導入しております。
下記、トレーシングレポート様式をダウンロードして頂き、必要事項をご記入いただいた後、FAXにて
薬剤科まで送信ください。
他の様式では受付できませんのでよろしくお願いいたします。
※トレーシングレポートは疑義照会ではありません。疑義照会はこれまでどおりFAXにて対応させて
いただきます。


残薬調整

トレーシングレポートに記載報告してもらうことで、一部を除き残薬調整に関する問い合わせ不要
とします。
継続処方されている処方薬に残薬があるとき、患者希望で、次回予約日を考慮して投与日数を減らす
場合のみ可とします。
※増やす場合は不可、「医療用麻薬及び抗がん剤、注射薬、吸入薬」については対象外です。
※残薬調整を行なった場合は、必ずトレーシングレポートを用いて薬剤名・処方日数を明確に記載して
いただき、残薬が生じた理由に関する情報提供をお願いします(理由が不明確なものは残薬調整不可)。
※「残薬が生じた理由」の記載は必須とさせていただきます(未記載のものは受付不可)。

下記、トレーシングレポート様式をダウンロードして頂き、必要事項をご記入いただいた後、FAXにて
薬剤科まで送信ください。他の様式では受付できませんのでよろしくお願いいたします。


お問い合わせ

聖隷佐倉市民病院 薬剤科
電話:043-486-2120(内線4161)
FAX:043-485-3720(薬剤科直通)


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?