グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ




施設長挨拶

2016年4月より、花屋敷せいれいの里 花屋敷栄光園の園長に就任いたしました平川昌弘(ひらかわ よしひろ)と申します。

当施設は、1999年4月、聖隷福祉事業団が宝塚市で事業を始めて20年目になる節目の年に、地域の要望に応えるために、宝塚市東南方、川西市に隣接した高台に開設しました。隣人愛という聖隷の創立精神に則り、利用者・家族・地域の方々が、互いに愛し合い、いきいきとその人らしく生活できることを目指し、入居者援助、在宅高齢者支援に努めています。2012年4月より居室をオールユニット化とし、質の高いサービスを提供できるよう取り組んでいます。

2016年は、花屋敷せいれいの里があります雲雀丘エリアが開発100年を迎えました。このような大きな節目に園としても初心に立ち返り何ができるのかを考え、園を利用してくださる皆様や地域の皆様に、微力ながらも施設理念であります「ふれあいを大切に、ともに歩む姿勢でささえたい」を実行できるよう職員一同取り組んでいく所存ですので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。

Copyright© Seirei Social Welfare Community. All Rights Reserved.