グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門紹介  > 院内保育所「ふくろうのもり」

院内保育所「ふくろうのもり」

ふくろうのもり保育所の概要

定員:11名

袋井市キャラクター「フッピー」


1) 名称

    袋井市立 聖隷袋井市民病院  院内保育所 ふくろうのもり   
    電 話:0538-84-9002

2) 設立目的
 職員が安心して子弟を預けることのできる保育施設を運営し、職員の育児と就労を支援すると共に、より働きやすい職場環境づくりに貢献する。

3) 保育目標
    人や地球を愛し、大切にできる子どもを育てる。

4) 保育方針
・ 子どもの個性を重んじ、心・身体・知能のバランスのとれた発達を目指す。
・ 自分の気持ちや考えを、いろいろな方法で表現できるような主体性を育てる。
・ 様々な経験の中で、困難に出合ってもそれを切り開く力を身につける。
・ 保育者との関わりの中で、豊かな感受性を育て、情緒の安定した生活を送る。
・ 個々の状況に応じて保護者のニーズを汲み取り、保護者との信頼関係を深める。

入園対象・お預かり時間等

1) 入所対象者
 原則、袋井市立 聖隷袋井市民病院に籍を置く職員のお子様で、0歳から2歳児までとする。
(0歳から2歳になった年度末3月31日まで又は保育園・幼稚園の入園まで。)
※ 退職の場合は退所となります。
※原則、看護職を優先とする。その他の職種については要相談

2) 休園日
 ・日曜日
 ・国民の祝日に関する法律に規定する日
 ・年末年始(12月29日~翌年1月3日までの6日間)

3) 保育時間
 7:30 ~ 19:00

苦情解決

 保育所では利用者からの苦情に対応する体制を整えています。

苦情受付窓口

 苦情は面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けています。なお、第三者委員に直接苦情を申し立てることもできます。
苦情解決責任者病院長宮本 恒彦
苦情受付責任者事務課長森 祐輔
第三者委員民生委員・児童委員鈴木孝雄
第三者委員民生委員・児童委員中山美知惠

苦情受付の報告・確認

 苦情受付担当者が受けつけた苦情を苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告致します。第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対し報告を受けた旨を通知します。

苦情解決の話合い

なお、第三者委員の立会いによる話合いは、次により行います。
◾第三者委員による苦情内容の確認
◾第三者委員による解決案の調整、助言
◾話合いの結果や改善事項等の確認