グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま

沿革

1962年    聖隷浜松病院の開院と同時に、「公衆衛生部」として聖隷浜松病院から独立した
運営を開始(聖隷浜松病院内)
1963年5月  成人病検診車(1号車)購入
1965年7月胸部検診車購入
1966年6月婦人科検診車購入し、婦人がん検診活動開始
1967年1月第一回成人病予防懇談会開催
7月「公衆衛生部」を「集団検診センター」と改称
1971年1月全国労働衛生団体連合会に加入
1972年1月簡易ドック開始
1975年3月診療所開設認可
「聖隷浜松病院付属診療所聖隷健康診断センター」として独立
5月「聖隷健康診断センター」ビル完成
自動化総合健診開始
1977年5月予防検診部(聖隷三方原病院)と聖隷健康診断センター合同で検診車による肺がん検診開始
1979年4月精密検診外来(内科)開始
1980年4月労働衛生外来開始
5月センタービル増築工事完成
1981年10月聖隷沼津病院に支部を設置
1983年7月改修工事(診療棟増築、事務棟新築)完成
1986年1月トレーナーによる運動指導開始
1988年7月フィットネスルーム完成
事務部門を隣接の旧本部ビルに移し、診療棟に接続
1989年2月作業環境測定機関施設認定(旧労働省)
3月事務部門(総務、企画、施設)を隣接の木下ビルに移転
8月労働者健康保持増進サービス機関施設認定(旧労働省)
1991年11月聖隷豊川クリニック開設
1992年9月脳ドック開始
1994年2月新聖隷健康診断センタービル竣工落成式
4月労働衛生コンサルタント事務所開設
8月聖隷ウェルネス講座開始
健康教室開始
9月保険医療機関認可
1995年3月臨床検査センター開始
検査集合化(聖隷浜松病院、聖隷健康診断センター)
4月骨密度測定健診開始
胃部内視鏡検査開始
5月禁煙外来開始
1996年3月成人病予防対策懇談会(30回記念)
4月パワーアップ健診開始
1998年2月胃部X線直間併用・胸部間接搭載の検診車導入
1999年4月保健事業部発足(聖隷健康診断センター・聖隷予防検診センターの統合)
乳房エコー導入
体力測定車、車内の測定機器買替 中災防補助
聖隷労働衛生コンサルタント事務所(名称変更)開設
11月全国労働衛生団体連合会労働衛生機関評価認定
2000年3月第1回保健事業報告懇談会を聖隷予防検診センターと合同開催
7月保健事業部ホームページ開設
2001年4月労災保険二次健康診断開始
12月マンモグラフィ開始
2002年1月保健事業部広報誌「すこやか&オアシス」創刊号発刊
4月特殊健診電算システム化
2003年3月施設内胸部撮影デジタル化
4月ヘリカルCT開始
7月内臓脂肪計測開始
10月第13回日本産業衛生学会産業医産業看護全国協議会開催
2004年3月デジタルマンモグラフィ検診車導入
2005年3月日本人間ドック学会人間ドック健診施設機能評価
4月施設内胃部撮影装置デジタル化
胸部デジタル検診車導入
9月デジタルマンモグラフィ装置導入
11月MRI装置を聖隷健康診断センター内に設置
2006年3月健診電算システム統合
(聖隷健康診断センター/聖隷予防検診センター)
大腸内視鏡検査開始
4月政府管掌生活習慣病健康診断開始
労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)導入支援プログラムによる実践講座開始
作業主任者技能講習会開始
8月PET健診開始
2007年10月予約機能および契約機能を聖隷予防検診センター内に移転
2008年1月出張健診機能を聖隷予防検診センター内に移転
検診車両を三方原地区に集約
4月「聖隷健康プラザGENKI」開設
5月内視鏡センター開設
8月レディースフロア開設
2009年7月厚生労働省対がん事業J-START参加
2010年1月レセプトオンライン請求開始
2011年4月日本脳ドック学会施設認定
禁煙外来(健康保険適用)開設
2012年4月ISO/IEC27001:2005(情報セキュリティマネジメントシステム)認証取得
6月マルチスライスCT(16列)導入
2013年8月Qupio for 聖隷 健康サポートWebサービス開始
2016年4月MCIドック、MCIスペシャルドック開始
2017年2月トモシンセシス(3Dマンモグラフィ)導入
6月人間ドックオプション検査 膵がんリスク検診開始