グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




2016年度

当院では以下に掲載した臨床研究が実施されております。
臨床研究の中には、(1)個別に患者さんやご家族に説明してご理解いただき、その上で同意を頂く方式と、(2)直接の説明や同意をいただく手続きに代えて、研究に関係する情報を公開する方式の研究があります。
(2)情報を公開する方式の研究は、主としてカルテなどの診療記録を集計するなどして行なうものです。
(2)に該当する臨床研究は、同意の手続き欄を「情報公開」としてあります。「情報公開」をクリックしていただくと、その研究の情報公開文書をご覧いただけます。また、情報公開文書には、「問い合わせ先」が記載されておりますので、研究についてお尋ねになりたい点などございましたら「問い合わせ先」にご連絡下さい。
研究番号研究名研究責任者同意の手続き
2016年5月審査
第16-01号免疫性神経疾患における自己抗体の系統的測定と機能解析小児科吉田 歩個別同意
第16-04号「膵がん切除後の補助化学療法における塩酸ゲムシタビン療法とS-1療法の第III相比較試験(JASPAC01)」の付随研究外科藤田博文個別同意
第16-05号Direct-acting Anti-viral Agents(DAAs)によるInterferon free regimen の抗ウィルス効果及び鉄代謝・脂質代謝。肝線維化改善効果の検討(DAAs in Hamamatsu-StudyII GenotypeI)消化器内科多々内暁光個別同意
第16-06号Direct-acting Anti-viral Agents(DAAs)によるInterferon free regimen の抗ウィルス効果及び鉄代謝・脂質代謝。肝線維化改善効果の検討(DAAs in Hamamatsu-StudyII GenotypeII)消化器内科多々内暁光個別同意
第16-07号前立腺がん患者の診断時背景因子と初期治療および治療経過に関する実態調査研究泌尿器科倉橋俊史情報公開(16-07)
第16-08号肺切除患者における術後経過に術前フレイルが与える影響についての検討リハビリテーション部柳田頼英個別同意
第16-09号胸部外科手術後の筋力低下が合併症に及ぼす影響と、筋力増強を目的としたリハビリテーションプログラムの開発リハビリテーション部大曲正樹個別同意
第15-33号慢性閉塞性肺疾患(COPD)におけるアスペルギルスの臨床影響に関する研究呼吸器内科横村光司情報公開(15-33)
2016年6月審査
第16-11号RAS遺伝子(KRAS/NRAS遺伝子)野生型で化学療法未治療お切除不能進行再発大腸癌患者に対するmFOLFOX6+べバシズマブ併用療法とmFOLFOX6+パニツムマブ併用療法の有効性及び安全性を比較する第III相無作為化比較試験化学療法科邦本幸洋個別同意
第16-12号RAS遺伝子(KRAS/NRAS遺伝子)野生型で化学療法未治療の切除不能進行再発大腸癌患者に対するmFOLFOX6+べバシズマブ併用療法とmFOLFOX6+パニツムマブ併用療法有効性及び安全性を比較する第III相無作為化比較試験における治療感受性、予後予測因子の探索的研究化学療法科邦本幸洋個別同意
第16-13号免疫チェックポイント分子標的薬が気道炎症に与える影響呼吸器内科横村光司個別同意
第16-14号胸部外科手術における術後合併症および離床に影響する術前因子についての臨床的検討リハビリテーション部春藤健支個別同意
第16-15号近赤外時間分解分光法を用いた脳梗塞急性期患者における姿勢変化に伴う脳血液量の変化に関する研究リハビリテーション科片桐伯真個別同意
2016年7月審査
第16-16号間質性肺炎に合併した非小細胞肺がんの方に対するS-1療法についての第二相臨床試験呼吸器内科横村光司個別同意
第16-17号気管支喘息のステップアップ治療における長時間作用性抗コリン薬とロイコトリエン受容体拮抗薬の有用性の比較呼吸器内科横村光司個別同意
第16-20号脳動脈瘤の「形状」、「発生・成長・破裂」と血流動態の関連を定性的、定量的に検討する研究〜磁気共鳴流体力学と計算流体力学による検討〜画像診断部山本英雄
水野孝一
情報公開(16-20)
第16-22号緩和ケア病棟における医療の実態を明らかにする多施設共同研究ホスピス科井上 聡情報公開(16-22)
第16-24号急性期病院において認知症ケアマッピングで観察された行動カテゴリーの分類看護部吉村浩美個別同意
第16-18号肺切除歴のある肺癌に対する定位照射の有用性に対する後方視研究放射線治療科山田和成情報公開(16-18)
第16-19号oligometastases状態の転移性肺腫瘍に対する体幹部定位放射線治療の全国遡及的調査研究放射線治療科山田和成情報公開(16-19)
第16-21号進行または再発非小細胞肺癌に対するニボルマブの有効性予測バイオマーカーの探索研究呼吸器内科横村光司個別同意
2016年8月審査
第16-25号自己免疫性肺胞蛋白症の遺伝素因に関する研究呼吸器内科横村光司個別同意
2016年9月審査
第16-26号抗PD-1抗体投与症例における血清サイトカインと有害事象及び有効性との関連についての後ろ向き研究呼吸器内科横村光司個別同意
情報公開(16-26)
第16-27号間質性肺炎合併肺癌切除患者における術後急性増悪予測リスクスコアバリデ-ションスタディ―多施設共同非介入前向き研究-呼吸器外科丹羽 宏個別同意
第16-29号緩和ケア病棟における医療の実態を明らかにする東アジア多施設共同研究緩和支持治療科森 雅紀情報公開(16-29)
2016年10月審査
第16-31号今後についての話し合いの方法に関するがん患者の意向に関する研究緩和支持治療科森田達也-
第16-28号高齢肺炎患者の再入院に関連する因子の臨床的検討リハビリテーション部大曲正樹個別同意
第16-30号終末期がん患者のリハビリの有効性についての研究リハビリテーション部春藤健支情報公開(16-30)
2016年11月審査
第16-37号慢性疾患患者に対する視覚素材を利用したアドバンス・ケア・プランニング相談支援の効果の検証緩和支持治療科森田達也個別同意
第16-33号ワクチン接種と稀ながら発生する副反応に関する研究血液内科奈良健司個別同意
第16-34号医療ビッグデータを用いた緩和医療の質評価および臨床課題の疫学調査方法の開発と測定緩和支持治療科森田達也情報公開(16-34)
第16-35号MRIアーチファクト研究脳神経外科佐藤晴彦個別同意
大腸癌補助療法3臨床試験の統合解析(メタアナリシス)外科藤田博文情報公開(16-35)
2016年12月審査
第16-39号医師の望ましいコミュニケーションに関するビデオ調査臨床検査科森 雅紀-
第16-38号びまん性汎細気管支炎の全国調査2014呼吸器内科横村光司情報公開(16-38)
第16-40号胃癌術後の体重減少に影響を及ぼす因子の検討栄養課倉田栄里情報公開(16-40)
第16-41号特発性間質性肺炎に対する多施設共同前向き観察研究呼吸器内科横村光司個別同意
2017年1月審査
第16-44号緩和ケア用リッチモンド不穏・鎮静スケール日本語版の正確さを確認する研究ホスピス科今井堅吾情報公開(16-44)
第16-46号薬剤師による妊婦さんへの情報提供書の評価薬剤部辻村早由稀情報公開(16-46)
第16-42号骨髄増殖性腫瘍の実態調査血液内科奈良健司情報公開(16-42)
第16-43号悪性胸膜中皮腫の前方視的データベース研究呼吸器外科丹羽 宏個別同意
第16-45号アファチニブ投与症例におけるミノサイクリン早期併用投与についての後ろ向き解析呼吸器内科小澤雄一情報公開(16-45)
2017年2月審査
第16-47号Afatinib獲得耐性におけるLiquid biopsyによるEGFR-T790M変異検出の臨床的有用性試験 アファチニブ耐性機序研究呼吸器内科松井 隆個別同意
第16-47号Afatinib獲得耐性におけるLiquid biopsyによるEGFR-T790M変異検出の臨床的有用性試験 EGFR-TKIs別の耐性機序の比較研究(後ろ向き研究)呼吸器内科松井 隆情報公開(16-47)
第16-48号脳卒中の医療体制の整備のための研究脳神経外科佐藤晴彦情報公開(16-48)
第16-49号苦痛緩和のための鎮静に関する研究ホスピス科今井堅吾情報公開(16-49)
2017年3月審査
第16-51号全身抗がん治療後30日以内に亡くなられた肺がん患者様についての臨床的検討呼吸器センター内科小澤雄一情報公開(16-51)
第15-52号上葉優位型肺線維症の臨床病理学的検討呼吸器内科横村光司情報公開(15-52)

情報公開

第16-07号 前立腺がん患者の診断時背景因子と初期治療および治療経過に関する実態調査研究

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名前立腺がん患者の診断時背景因子と初期治療および治療経過に関する実態調査研究
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者倉橋 俊史(泌尿器科・医師)
研究の目的前立腺がんと診断された患者さんの年齢や診断された時点での状態を調査し、どのような病気の状態の時に最初に行われる治療は何か、研究期間中の患者さんの状態がどうだったかをまとめることです。
研究の方法研究者が診療情報をもとに診断された時の状態や前立腺がんそのものの性質を示す検査結果および治療内容のデータを選び、がんの治療に影響する患者さんの状態に関する分析を行い、治療をどう選択されるか、治療によって患者さんの状態がどう変化したかについて調べます。
対象となる患者さん 平成28年1月1日から平成30年12月31日に当科において前立腺がんの治療を受けた方
検体なし
利用するカルテ情報年齢、性別、家族歴、既往歴、前立腺がんの診断時の情報(グリソンスコアやPSAの値など)、診察所見、治療内容、PSAやテストステロンなどの検査データ、調査時点(登録後から1年経過毎に10年間)での患者さんの状態
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
泌尿器科 倉橋 俊史
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第15-33号 慢性閉塞性肺疾患(COPD)におけるアスペルギルスの臨床影響に関する研究

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名慢性肺疾患におけるアスペルギルス属の感染・定着の影響に関する後方視的検討
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者呼吸器内科 横村光司
研究の目的慢性肺疾患におけるアスペルギルス真菌症の臨床的影響を明らかにする
研究の方法診療録データをもとにした後方視的研究
対象となる患者さん 慢性肺疾患(気管支拡張症、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、間質性肺炎)の患者さんで、2004年1月1日から平成2015年12月31日に当院へ通院または入院歴のある方
利用するカルテ情報年齢、性別、合併症、喫煙歴、投薬内容、肺機能検査結果、血液検査結果、入院理由と入院日、CT画像検査情報
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
呼吸器内科 横村光司
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-20号 脳動脈瘤の「形状」、「発生・成長・破裂」と血流動態の関連を定性的、定量的に検討する研究〜磁気共鳴流体力学と計算流体力学による検討〜

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名脳動脈瘤の「形状」、「発生・成長・破裂」と血流動態の関連を定性的、定量的に検討
する研究〜磁気共鳴流体力学と計算流体力学による検討〜
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者水野孝一 画像診断部 診療放射線技師
研究の目的3次元シネ位相コントラスト磁気共鳴法(3D cine phase-contrast[PC] MRI)を行った脳動脈瘤を持つ患者様の脳動脈の血流状態を解析し、発生・成長・破裂に関連する血流動態やその関連指数の特徴を探る。
研究の方法対象となる患者さん 20歳以上の脳動脈瘤患者(経過観察中の患者様、これから治療予定の患者様、破裂後で状態が良い患者、治療後の患者)
利用するカルテ情報今までに診療上の必要性に応じて施行された既存のMRIデータ、およびCTデータ、AngioデータをDICOMフォーマットで利用する。
カルテ情報:MRI画像データ、CT画像データ、Angio画像データ、年齢、性別、主訴、脳動脈の状態、画像上の変化
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
画像診断部 水野孝一
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-22号 緩和ケア病棟における医療の実態を明らかにする多施設共同研究

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名緩和ケア病棟における医療の実態を明らかにする多施設共同研究
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者井上聡(ホスピス科・医師)
研究の目的本研究は、緩和ケア病棟に入院されるがん患者さんにおいて、医療の実態を知ることを目的に行います。方法は通常診療の前向き観察研究です。本研究は診療目的で行われる医療を記録するものであり、研究目的で行う評価、検査、治療はありません。
本研究の総研究期間は2020年3月31日までの4年間です。
研究の方法対象となる患者さん 18歳以上のがんの患者さんで、平成29年1月1日から平成29年12月31日に当院の緩和ケア病棟に入院された方。
研究に用いる試料・情報の種類日常診療範囲内で取得する、症状(痛み、息苦しさ、だるさ、食欲不振、息の仕方、発熱、意識の変化など)、活動度、治療(痛み止め、栄養、輸液、解熱剤、抗生剤など)、生活の質などです。
外部への試料・情報の提供データの二次利用を行う場合は、研究計画書に沿って個人を特定することができない範囲内で行います。当院は研究参加施設からのデータを郵送により受け取ります。データを受け取る場合、特定の関係者以外がアクセスできない状態で行います。本研究専用の研究番号を用いて患者さん個人を特定することができないように管理を行います。対応表は、各参加施設の研究責任者が保管・管理します。
公開データベース:大学病院医療情報ネットワーク研究センター 臨床試験登録システム(UMIN-CTR)(http://www.umin.ac.jp/ctr/index-j.htm)に登録します。
研究組織研究代表者:聖隷三方原病院 森 雅紀
共同研究機関および研究責任者氏名:
  • 聖隷三方原病院/井上 聡
  • 日本バプテスト病院/伊藤 怜子
  • 国立がん研究センター東病院/三浦 智史
  • がん・感染症センター都立駒込病院/田中 桂子
  • 兵庫県立加古川医療センター/山口 崇
  • 聖路加国際病院/松田 洋祐
  • 川崎市立井田病院/西 智弘
  • 大阪市立総合医療センター/天野 晃滋
  • 永寿総合病院/廣橋 猛
  • 小牧市民病院/渡邊 紘章
  • 淀川キリスト教病院/池永 昌之
  • 東北大学病院/井上 彰
  • 県立広島病院/小原 弘之
  • 筑波メディカルセンター病院/久永 貴之
  • 吹田徳洲会病院/馬場 美華
  • JCHO東京新宿メディカルセンター/金石 圭祐
  • 栄光病院/下稲葉 順一
  • 三菱京都病院/吉岡 亮
  • 日本赤十字社医療センター/伊藤 哲也
  • ガラシア病院 ホスピス/前田 一石
  • 東京医科歯科病院/三宅 智
  • 飯塚病院/柏木 秀行

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
臨床検査科 森 雅紀
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-18号 肺切除歴のある肺癌に対する定位照射の有用性に対する後方視研究

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名肺切除歴のある肺癌に対する定位照射の有用性に対する後方視研究
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者放射線治療科 部長 山田 和成
研究の目的肺切除歴のある肺癌に対する定位照射の有用性を検討する
研究の方法電子カルテおよび患者追跡による後方視研究
対象となる患者さん 2008年3月より2015年12月までに肺切除歴のある当院で肺癌定位照射を受けた症例を対象とする。
利用するカルテ情報肺切除歴。肺腫瘍および肺機能の状態。合併症。治療に伴う急性および晩期有害事象。治療効果ならびに予後。画像上の変化。
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
放射線治療科 山田 和成
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-19号 oligometastases状態の転移性肺腫瘍に対する体幹部定位放射線治療の全国遡及的調査研究

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名oligometastases状態の転移性肺腫瘍に対する体幹部定位放射線治療の全国遡及的調査研究
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者山田和成(放射線治療科・医師)
研究の目的単発転移状態の転移性肺腫瘍に対する体幹部定位放射線治療(SBRT)の全国遡及的調査研究を行い、定位照射の有用性を検討し、定量的な予後因子としての評価も行う。
oligometastases状態の転移性肺腫瘍に対する体幹部定位放射線治療(SBRT)の全国遡及的調査研究を行い、oligo-recurrenceとsync-oligometastasesとの両者で予後にどの程度の違いがあるのかを検討する。併せて、oligo-recurrenceの予後因子としての意義をHazard Ratioで求め、定量的な予後因子としての評価も行う。
研究の方法2004年1月から2015年6月までにSRBTが行われた肺oligometastases症例であり、総線量が生物学的等価線量(BED)75Gy(α/β=10Gy)以上照射された症例を対象とする。SBRTは固定多門であれば4門以上、回転照射であれば1arc以上使用し、1回線量は4Gy以上とする。
利用するカルテ情報症例の背景因子、治療内容、再発形式、全生存率、局所制御率、無再発生存率、治療成績への影響因子。画像上の変化。
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
放射線治療科 山田和成
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-26号 抗PD-1抗体投与症例における血清サイトカインと有害事象及び有効性との関連についての後ろ向き研究

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名抗PD-1抗体投与症例における血清サイトカインと有害事象及び有効性との関連についての後ろ向き研究
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者横村光司(呼吸器内科・医師)
研究の目的抗PD-1抗体(オプジーボまたはキイトルーダ)投与後の血清サイトカイン及びと有効性及び有害事象との関連を明らかにし、これらの薬剤をより有効かつ安全に使用する手がかりを探すことを目的とする
研究の方法当院で2017年5月31日までの間にオプジーボまたはキイトルーダを投与された非小細胞肺がんの方を対象として、その有効性及び副作用(肺障害、その他)と血清サイトカイン及び血液検査結果の変動(オプジーボまたはキイトルーダの投与前後)との関連を評価する。
対象となる患者さん 2015年12月20日から2017年5月31日までの間に当院でオプジーボまたはキイトルーダを投与された方
研究に用いる試料オプジーボまたはキイトルーダ投与前後の保存血清(サイトカイン:IFNγ、TNFα、IL-6を測定)
既存の組織検体(PD-L1蛋白及びCD3蛋白について免疫染色を行う)
情報の種類患者イニシャル、登録時年齢、喫煙歴/喫煙量、既往歴、診断日時、肺癌進行期分類、前医受診および内容、来院日時、併存疾患、投与薬剤の内容(抗腫瘍薬を含む)、治療内容、CT所見/検査日時、超音波検査所見、胸部レントゲン検査所見、血液検査所見、病理組織所見、放射線治療計画(照射量、照射範囲、照射日程)、被照射量、成績(退院日、在院日数、転帰、死亡理由)
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
小澤雄一(呼吸器科 医師)
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-29号 緩和ケア病棟における医療の実態を明らかにする東アジア多施設共同研究

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名緩和ケア病棟における医療の実態を明らかにする東アジア多施設共同研究
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者森雅紀(臨床検査科・医師)
研究の目的本研究は、日本・韓国・台湾の緩和ケア病棟に入院されるがん患者さんにおいて、医療の実態の3国間の違いを知ることを目的に行います。方法は通常診療の前向き観察研究です。本研究は診療目的で行われる医療を記録するものであり、研究目的で行う評価、検査、治療はありません。
本研究の総研究期間は2020年3月31日までの4年間です。
研究の方法対象となる患者さん 18歳以上のがんの患者さんで、平成29年1月1日から平成29年12月31日に当院の緩和ケア病棟に入院された方。
研究に用いる試料・情報の種類日常診療範囲内で取得する、症状(痛み、息苦しさ、だるさ、食欲不振、息の仕方、発熱、意識の変化など)、活動度、治療(痛み止め、栄養、輸液、解熱剤、抗生剤など)、生活の質などです。
外部への試料・情報の提供データの二次利用を行う場合は、研究計画書に沿って個人を特定することができない範囲内で行います。当院は研究参加施設からのデータを郵送により受け取ります。データを受け取る場合、特定の関係者以外がアクセスできない状態で行います。本研究専用の研究番号を用いて患者さん個人を特定することができないように管理を行います。対応表は、各参加施設の研究責任者が保管・管理します。
研究組織研究代表者:聖隷三方原病院 森 雅紀
共同研究機関および研究責任者氏名
(日本)
  • 聖隷三方原病院/森 雅紀
  • 京都大学/恒藤 暁
  • 京都大学/前田 紗耶架
  • 神戸大学/木澤 義之
  • 東北大学/山口 拓洋
  • ガラシア病院/前田 一石
  • 兵庫県立加古川医療センター/山口 崇
  • 近畿大学/羽多野 裕

(韓国)
Dongguk University Ilsan Hospital, Dongguk University School of Medicine Sang Yeon Suh, MD, PhD
International St. Mary's Hospital, College of Medicine, Catholic Kwandong University Sun-Hyun Kim, MD, PhD
Chungnam National University Hospital Seok-Joon Yoon, MD
Seoul National University Bundang Hospital Yu Jung Kim, MD, PhD/ Beodeul Kang, MD
Bobath Memorial Hospital Jeanno Park, MD, PhD
National Health Insurance Corporation Ilsan Hospital Young Min Park, MD
University of Ulsan College of Medicine Su Jin Koh, MD, PhD
Hallym University Medical Center Jung Hye Kwon, MD, PhD
St.Paul's Hospital, College of Medicine, The Catholic University of Korea Sunwook Hwang, MD, PhD
Seoul Metropolitan Government Seobuk Hospital Shin Ae Park, MD
Incheon St. Mary's Hospital, The Catholic University of Korea Daegyeun Kim, MD, PhD

(台湾)
National Taiwan University Hospital Sharlene Shao-Yi Cheng, MD, DrPH, Msc
Chi-Mei Medical Center Ping-Jen Chen, MD
China Medical University Hospital Wen-Yuan Lin, MD, MSc, PhD
Kaohisung Medical University Hospital Chien-Yi Wu, MD

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
臨床検査科 森 雅紀
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-30号 終末期がん患者のリハビリの有効性についての研究

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名終末期がん患者に対するリハビリの有効性についての研究
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者リハビリテーション部 春藤 健支
研究の目的当院で行っている終末期がん患者さんへのリハビリ内容についての調査
研究の方法カルテ情報集計による後方視研究
対象となる患者さん 2015年4月1日から2016年3月31日にリハビリ依頼のあった患者さんのうち、がんで亡くなられた方
利用するカルテ情報年齢、性別、原発癌種、理学療法依頼日、理学療法終了日、死亡日、死亡前、7日前、14日前、1カ月前の理学療法実施状況
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
内山郁代 リハビリテーション部
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-34号 医療ビッグデータを用いた緩和医療の質評価および臨床課題の疫学調査方法の開発と測定

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名医療ビッグデータを用いた緩和医療の質評価および臨床課題の疫学調査方法の開発と測定
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者森田 達也 (緩和支持治療科・医師)
研究の目的日常診療において緩和治療で使用するさまざまな薬剤の効果や安全性を推定したり、全国でどのような薬剤がどれくらい使用されているかを測定します
研究の方法検査や治療を受けたときの医療保険のデータ(レセプトデータ)を使用します。患者さんの診療記録は情報源になりません。
対象となる患者さん 悪性腫瘍の病名のついている過去5年間の全国の患者さんが対象になります(当院の患者さんに限りません)
検体なし
利用するカルテ情報医療保険のデータ(レセプトデータ)を使用します。患者さんの診療記録は情報源になりません。
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
緩和支持治療科 森田達也
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

臨床研究のお知らせについて(研究の公開)

情報公開文書
本件は「オプトアウト」すなわち、同意不要であった既存データを用いた研究において、「自分のデータは使わないでほしい」という、患者さんの拒否の機会を確保するため、研究の公開を公益法人癌集学的治療研究財団のホームページ(http://www.jfmc.or.jp/ )上で一元的に行っているものです。
研究番号№ JFMC 7, JFMC 15, JFMC 33
研究課題名大腸癌補助療法3臨床試験の統合解析(メタアナリシス)
対象者及び対象期間癌集学的治療研究財団が過去に実施した3本の大腸癌補助療法臨床試験に参加登録された大腸癌治癒切除手術患者さん※
JFMC 7 大腸癌患者3394例:1986年~1988年
JFMC 15 大腸癌患者1839例:1989年~1990年
JFMC 33 大腸癌患者1071例:2005年~2007年
連絡先公益財団法人がん集学的治療研究財団
住所〒136-0071 東京都江東区亀戸1-28-6 タニビル3F
電話番号総務:03-5627-7593
研究:03-5627-7594
FAX03-5627-7595
E-mailjfmc-dc@jfmc.or.jp

※これら3研究に参加登録された患者さんのデータは、がん集学的治療研究財団および東京理科大学浜田教授室において厳重に保存・管理され、患者さんの個人情報とは連結不可能な匿名化が行われていますので、このデータベースから個人情報を特定、もしくは利用することは不可能になっております。この3研究に説明を受け、同意されたうえでご自身の意思で参加を文書で承諾された患者さんのなかで、今回の統合解析にご本人のデータの使用に異議申し立てを希望されるかたは、ご本人より上記「公益財団法人がん集学的治療研究財団」宛てに手紙、メール、もしくはお電話・ファックスなどにてその旨通告していただければ、しかるべく対処いたします。

第16-38号 びまん性汎細気管支炎の全国調査2014

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名びまん性汎細気管支炎の全国調査 2014
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者横村光司(呼吸器内科・医師)
研究の目的びまん性汎細気管支炎は日本人に多い咳、痰、息切れを生じる慢性の気管支、肺の病気です。最近、この病気が減っているという報告もありますが、厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業 びまん性肺疾患に関する調査研究班(本間栄班長) 難治性気道疾患分科会(長谷川好規 分科会長)では、びまん性汎細気管支炎の現状を把握して、より良い診断・治療や予防のために、全国でこの病気の実態調査を実施したいと考えております。
研究の方法全国主要医療機関へのアンケート調査の一環として、平成26年1月より12月までの期間に、当施設を受診したびまん性汎細気管支炎またはその可能性がある方の診療記録から、病気に関係のある診療情報のみ(年齢、性別、基礎疾患、診断・治療関連情報、身体所見、血液検査所見、血液ガス分析、喀痰細菌学的検査所見、呼吸機能検査値、画像所見、病理所見)、担当医師からの郵送により、調査集計施設に送り、そこで解析、検討致します。
対象となる患者さん 平成26年1月より12月までの期間に、当施設を受診(外来通院のみ、入院を含む)した、びまん性汎細気管支炎の確定診断が付けられている方。
利用するカルテ情報
  1. 患者特性:年齢、性別、身長、体重、喫煙歴(本数×年数)
  2. 自覚症状(慢性の咳、痰、息切れ)
  3. 合併症または既往症
    慢性鼻副鼻腔炎(発病時期)
    その他
  4. 家族歴(慢性気道感染症の有無)
  5. 診断時期(平成26 年に診断、あるいはそれ以前)と最終受診日
  6. 身体所見(診断時)
    胸部聴診所見(ラ音)
  7. 血液、血液生化学、免疫学的検査、(診断時)
    白血球数(白血球分画を含む)、CRP、寒冷凝集素価
    あれば、HLA 型(HLA-B54 もしくはHLA-DRB1B54:01 の有無)、その他特記すべき、検査所見(HTLV-1、抗核抗体など)
  8. 呼吸機能検査、血液ガス、酸素飽和度(診断時)
    VC、 %VC、 FEV1.0、 %FEV1.0、 FEV1.0/FVC(一秒率)、 RV、 %RV、RV/TLC
    動脈血ガス分析、 経皮酸素飽和度(SpO2)
    あれば、6分間歩行試験 (歩行距離、 最低SpO2)
  9. 喀痰細菌学的検査(診断時)
  10. 画像検査(診断時)
    胸部レントゲン所見(びまん性粒状影の有無)
    胸部HRCT 所見(両側びまん性小葉中心性病変の有無)
  11. 病理検査(診断時)
    生検実施の有無と所見
    気管支鏡/胸腔鏡下肺生検等実施の有無と所見概略
  12. 治療内容(初診時および経過中)
    マクロライド薬(種類、投与量、期間および効果)
    その他の薬剤
    マクロライド抵抗例、難治例の定義について
  13. 転帰(治癒、軽快、不変、増悪、死亡、転院、不明)
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
呼吸器内科 横村光司
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

※作成できましたら、臨床研究申請窓口宛てに送信してください。

第16-40号 胃癌術後の体重減少に影響を及ぼす因子の検討

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名胃癌術後の体重減少に影響を及ぼす因子の検討
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者栄養課 倉田栄里
研究の目的胃癌術後の体重減少に影響を及ぼす因子を明らかにする
研究の方法診療録データをもとにした後方視的研究
対象となる患者さん 胃癌の患者さんで、平成25年4月から平成28年2月に当院に入院し、胃全摘手術・胃幽門側切除術パスを使用した方
検体なし
利用するカルテ情報性別、年齢、身長、体重、血液検査結果、胃癌ステージ、適応クリニカルパス、切除法、術式、再建方法、手術時間、出血量、術後合併症、術前術後化学療法実施状況、既往歴、入院日数、入院時栄養状態、歯の状況、入院前食事形態、入院中嚥下リハビリ介入状況、退院時食事摂取量
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
望月麻妃 栄養課
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-44号 緩和ケア用リッチモンド不穏・鎮静スケール日本語版の正確さを確認する研究

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名緩和ケア用リッチモンド不穏・鎮静スケール日本語版の正確さを確認する研究
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者今井堅吾(ホスピス科・医師)
研究の目的緩和ケア用リッチモンド不穏・鎮静スケール日本語版の正確さを確認すること。
研究の方法通常診療の前向き観察研究。本研究は診療目的で行われる医療を記録するものであり、研究目的で行う検査、治療はありません。
対象となる患者さん がんの患者さんで、平成29年2月から平成30年1月31日にホスピス病棟に入院される方
検体なし
利用するカルテ情報日常診療範囲内で取得する、症状(意識の変化など)、活動度、治療(鎮静薬など)を医療者が取得する。
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
今井堅吾 ホスピス科
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-46号 薬剤師による妊婦さんへの情報提供書の評価

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名薬剤師による妊婦への情報提供書の評価
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者薬剤部 辻村早由稀
研究の目的妊婦さんへの情報提供書の評価を行い、必要性・改善点について検討を行う。
研究の方法妊婦さんへ情報提供書に関する質問紙調査を行う。
対象となる患者さん 2017年2月1日から2017年3月31日に産科にて14週の診察を受けられた妊婦さんで、質問紙への回答のご協力・ご同意をされた方。
利用する検体・カルテ情報なし
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
薬剤部 辻村早由稀
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-42号 骨髄増殖性腫瘍の実態調査

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名骨髄増殖性腫瘍の実態調査
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者奈良健司 (血液内科・医師)
研究の目的本研究の目的は、骨髄増殖性腫瘍の臨床像について、その実態を調査することです。この研究は、骨髄増殖性腫瘍の治療に関連する新しい知識を得ることを目的とする学術活動研究として実施されます。
研究の方法日本血液学会認定研修施設において、対象となる方のカルテ情報をもとに毎年1回症例調査票に記載し、宮崎大学で情報の統計学的な解析を行って疾患の特徴を調査します。
研究期間実施承認後~2018年12月
対象となる患者さん 平成24年7月から平成30年11月までに、当院を受診された骨髄増殖性腫瘍の患者さん
研究に用いる試料なし
情報の種類年齢、性別、病名、診断日、発症時期、症状、理学所見、画像診断所見、臨床検査値、血液細胞染色体分析、骨髄検査所見、治療内容(薬剤、輸血、脾摘など)臨床経過など
外部への試料・情報の提供宮崎大学に調査票を送付しますが、対象となる方の個人情報は数字や記号などに置き換え判別できないようにして使用します。
研究組織主任研究者: 宮崎大学医学部附属病院輸血細胞治療部 久冨木 庸子
分担研究者: 宮崎大学医学部 内科学講座消化器血液学分野 幣(しだ)光太郎

問い合わせ先
浜松市北区三方原町3453
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
奈良健司 血液内科
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-45号 アファチニブ投与症例におけるミノサイクリン早期併用投与についての後ろ向き解析

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名アファチニブ投与症例におけるミノサイクリン早期併用投与についての後ろ向き解析
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者小澤雄一 (呼吸器内科・医師)
研究の目的アファチニブ投与時にミノサイクリンを早期から併用することによる有害事象の軽減作用について評価すること
研究の方法カルテ情報集計による後方視研究
対象となる患者さん 2014年10月から2016年12月までの間に当院でアファチニブを投与された非小細胞肺癌の患者
利用する検体・カルテ情報検体なし
アファチニブ
投与前の状況
性別、診断時年齢、生年月日、主な既往歴、主な合併症、喫煙歴の有無、治療開始前の臨床検査結果(血液検査:白血球数、好中球数、血小板数、ヘモグロビン、赤血球数、血液生化学:TP、Alb、Al-P、LDH、AST、ALT、BUN、Cre、T-Bil、Na、K、Cl、Ca、CRP、など)、腫瘍マーカー(CEA、ProGRP、NSE、SP-Dなど)、診断時転移臓器(遠隔転移がある場合)、Performance Status(P.S.)、アファチニブの投与開始日及び最終投与日、アファチニブ投与前に投与された治療の有無及び種類、胸部画像検査所見(胸部XP、CT)
アファチニブ
投与後の治療経過について
画像検査施行結果(胸部XP、CTなど)、アファチニブ投与期間、アファチニブ投与後の有害事象(発現時期、重症度、転帰及び要した治療)、臨床検査(血液検査:白血球数、好中球数、血小板数、ヘモグロビン、赤血球数、血液生化学:TP、Alb、Al-P、LDH、AST、ALT、BUN、Cre、T-Bil、Na、K、Cl、Ca、CRP、など)、予後情報、亡くなった場合その原因、アファチニブの減量・増量の有無及びその程度、時期、理由、皮疹対策としてのミノサイクリン投与の有無及び投与開始時期、終了時期、投与量、投与の結果、投与による有害事象の有無
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
呼吸器内科 小澤雄一
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-47号 Afatinib獲得耐性におけるLiquid biopsyによるEGFR-T790M変異検出の臨床的有用性試験 アファチニブ耐性機序研究

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名Afatinib獲得耐性におけるLiquid biopsyによるEGFR-T790M変異検出の臨床的有用性試験 EGFR-TKIs別の耐性機序の比較研究(後ろ向き研究)
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者松井隆(呼吸器科 医師)
研究の目的使用したEGFR-TKIによって耐性機序が異なるかどうかについて調査すること。
研究の方法 T790M耐性遺伝子の有無を検査できた患者を対象に、使用した薬剤と耐性遺伝子の出現頻度やその他の背景因子との関連性を比較する。
対象となる患者さん EGFR遺伝子変異陽性肺癌があり、平成27年5月1日から平成29年4月30日にEGFR-TKIによる治療が耐性化し、T790M耐性遺伝子の有無を検査した患者さん
利用するカルテ情報
  1. EGFR遺伝子変異の詳細(遺伝子変異の種類と測定法)
  2. 性別
  3. 年齢
  4. 登録時PS
  5. 身長・体重
  6. 喫煙歴
  7. 合併症・既往歴
  8. 組織型
  9. 臨床病期(初診時のTNM分類)
  10. 前治療歴(初回治療開始日、前治療レジメンの開始日、PD日、治療効果、各レジメンでの治療開始時の遠隔転移部位)
  11. 現在の治療方法
  12. 増悪の診断部位(脳転移のみ、骨転移のみ、単発(その他)、多発、それ以外)
  13. 再生検の有無、方法(部位、方法)
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
松井隆 呼吸器科
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-48号 脳卒中の医療体制の整備のための研究

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名脳卒中の医療体制の整備のための研究 J-ASPECT study
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者佐藤晴彦 脳神経外科・医師
目的本邦の脳卒中診療の中核施設における包括的脳卒中センターとしての施設要件および診療の質的評価と治療成績、予後との関連を調査し、地域格差を考慮した適正な配置について提言を行い、脳卒中医療の質の向上を求める。
方法(研究期間も含む)検査や治療を受けたときのDPCデータまたはレセプトデータ(医療保険のデータ)を使用
します。患者さんの診療記録は情報源になりません。
研究期間:2017年2月(実施承認後)~2020年3月

対象となる患者さん 平成29年4月~平成30年3月に入院した脳卒中患者さん
研究に用いる試料・情報の種類試料:なし
情報:なし
情報:なし
DPCデータまたはレセプトデータ(医療保険のデータ)を使用します。患者さんの診療記
録は情報源になりません。
外部への試料・情報の提供データセンターへのデータの提供は、個人の情報を除去し、匿名化を行います。対応表は、当院の研究責任者が保管・管理します。データ送付は郵送にて行います。
研究組織研究代表施設・責任者:九州大学大学院医学研究院脳神経外科分野・飯原弘二
共同研究施設:日本脳神経外科学会の教育訓練施設、日本脳卒中学会の認定研修教育施設、日本神経学会の教育施設など

問い合わせ先
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
佐藤晴彦 脳神経外科
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-49号 苦痛緩和のための鎮静に関する研究

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名苦痛緩和のための鎮静に関する研究
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者今井堅吾(ホスピス科・医師)
研究の目的苦痛緩和のための鎮静の有用性について確認することです。
研究の方法カルテの情報を収集、分析します。
対象となる患者さん ホスピス病棟へ入院し、平成27年11月1日から平成28年10月31日に苦痛緩和のための鎮静の治療を受けた方
検体なし
利用するカルテ情報日常診療範囲内で取得する、原疾患、年齢、性別、日常生活動作レベル、入院期間、鎮静の対象症状、鎮静期間、鎮静薬投与量、苦痛の程度、意識や不穏の状態、有害事象を医療者が取得します。
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
今井堅吾 ホスピス科
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第16-51号 全身抗がん治療後30日以内に亡くなられた肺がん患者様についての臨床的検討

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名全身抗がん治療後30日以内に亡くなられた肺がん患者様についての臨床的検討
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者小澤雄一(呼吸器センター内科・医長)
研究の目的当院において全身抗がん治療後30日以内に亡くなられた方の背景(年齢、性別、病気の状態、併存症)や臨床経過を調査し、「全身抗がん治療後30日以内に亡くなる」ことの原因を考え、どのように今後評価していくかを検討することを目的とする。
研究の方法研究対象者について、以下の臨床情報を診療録から取得する。
対象となる患者さん 2006年1月1日から2016年11月30日までの間に当院で肺がんに対して全身抗がん治療を受けた方のうち、治療後30日以内に亡くなられた方。
利用するカルテ情報
  1. 臨床所見(年齢、性別、身長、体重、病歴に関する情報<既往歴、合併症、併用薬等>、臨床病期、生活歴に関する情報<喫煙歴、職歴>、等)
  2. 血液所見(血液検査:白血球数、好中球数、血小板数、ヘモグロビン、赤血球数、血液生化学:TP、Alb、Al-P、LDH、AST、ALT、BUN、Cre、T-Bil、Na、K、Cl、Ca、CRP等)
  3. 画像検査結果(胸部XP、胸腹部CT、脳MRI/CT、PET-CT、その他主治医が病勢評価及び合併症評価のために行った画像検査の結果)
  4. 病理学的所見(診断名、免疫組織学的所見、等)
  5. 治療(手術歴<術式、施行日>、放射線治療歴<照射方法及び部位、照射線量、照射日>、抗がん剤投与歴<目的、薬剤名、投与量、投与方法、投与時期、投与期間、有効性、有害事象の有無、有害事象があればその内容と重症度(CTCAE ver 4.0に基づく)>)
  6. 生存期間(死亡年月日、死因)
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
呼吸器センター内科 医長 小澤 雄一
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971

第15-52号 上葉優位型肺線維症の臨床病理学的検討

情報公開文書
聖隷三方原病院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた検体やカルテ記録を利用することによって行います。このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究の計画や方法について詳しくお知りになりたい場合、この研究に検体やカルテ記録を利用することをご了解いただけない場合など、お問い合わせがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。
研究課題名上葉優位型肺線維症の臨床病理学的検討
研究機関聖隷三方原病院
研究機関の長荻野和功
研究責任者横村光司(呼吸器内科・医師)
研究の目的上葉優位型肺線維症が疑われる症例の臨床所見、画像所見、病理組織、臨床経過をレトロスペクティブに検討し、疾患予後、画像を含めた診断法の確立、外科的生検の必要性等を検討する。
研究の方法診療記録から以下のデータを転記・集積して解析を行う。
  1. 上葉優位型肺線維症と疑われた時期、症状が出現した時期と罹病期間
  2. 胸部X線、胸部CT、肺機能所見、血清マーカー等血液検査所見の推移
  3. 外科的肺生検の病理組織の検討、肺生検後の臨床経過および予後
対象となる患者さん 平成29年3月31日までに当院で上葉優位型肺線維症と診断された患者さん
検体診察所見、治療経過、胸部X線、胸部CT、肺機能所見、血清マーカー等血液検査所見の推移
利用するカルテ情報肺病理組織のある方は採取済みの肺組織
個人情報の取り扱い利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

問い合わせ先
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院 聖隷三方原病院
呼吸器内科 横村光司
電話:053-436-1251 FAX:053-438-2971