グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 法人概要  > 理事長あいさつ

理事長あいさつ

理事長 大石 一雄

法人と佐久間町

社会福祉法人「さくま」は1996(平成8)年12月、当時静岡県内で最も高齢化の進んだ町「磐田郡佐久間町」の高齢者福祉の担い手として誕生しました。そして特別養護老人ホームを中心にした高齢者福祉施設「さくまの里」を創設しました。

かつては林業や鉱業で栄えた佐久間町も、急速に過疎化が進んでいます。現在は浜松市天竜区佐久間町となっているため、一般の統計上には出ていませんが、佐久間町だけでみるとすでに高齢化率50%を超え、後期高齢者の比率も3分の1以上で、全国でも有数の高齢化の進んだ地域といえます。
そこで私たちの法人の目指すものをご紹介したいと思います。

医療と介護・福祉の連携

この地域の最大の課題は、全国の将来予測をはるかに超えた高齢化に対する、医療・介護・福祉の供給体制の維持継続です。旧佐久間町立病院は、浜松市との合併により浜松市立佐久間病院となり、救急ヘリコプター等による市内の中核病院との連携のもと、この地域の医療を支えています。そして高齢者の介護・福祉は町内唯一の社会福祉法人「さくま」が担っています。佐久間病院とさくまの里は距離的にも近く、業務上の連携も緊密で、施設入所者の医療は夜間においても適切に提供され、高齢者施設における医療としては他に類のない充実度です。生活の場である施設での「看取りケア」も適切に行うことができます。この関係は今後も最重要課題として継続していく所存です。

地域との強いつながり

また、佐久間町は古い歴史と厳しい環境の山間地ならではの地域の支えあいが特徴で、サービス利用者の方々も地域に支えられていますし、私たちの法人も、この強い地域の方々とのつながりに支えられています。職員の多くも地元出身者で、いわば知人のケアを担当するといった温かい人間関係を基礎としながら、教育を充実して専門性の高い福祉サービスを目指しています。このような地域との良好な関係も大切にしていかなければならないものです。

これからの課題

佐久間町周辺は山あいに各集落が分散しているため、従来の入所施設を中心とした介護・福祉サービスの大型拠点を持つことから、分散した地域に小規模拠点を広げていく必要があるものと考えています。その第一が2011年に城西地区にオープンした小規模多機能施設「いもほりの家」です。今後に向けた課題として、さらに他の地域でもこのような事業を進めていく必要があるでしょう。
一方、厳しい課題もあります。過疎化の進んだ山間地のため、地元だけでは十分な働き人が得られず、我が国の介護の担い手不足が深刻化する将来の姿が、先行している状態です。従って、職員の福利厚生、職員宿舎等の充実をはかり、町内唯一の保育施設「ぽこぽこ」(保育ママ事業)の設置をし、他の地域からの職員募集に力を入れている状況です。聖隷福祉事業団からの人材の支援も頂いています。しかし、さらなる対応が必要です。例えば、この地域のプラスの特性を生かして「高齢者の、高齢者による、高齢者のための介護・福祉サービス」といったシステムを作ることができないだろうかと考えています。様々な対策や就労形態により、働き人の確保が将来の重要課題です。