グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 健診センター  >  健康診断について  >  特定健康診査・特定保健指導

特定健康診査・特定保健指導

平成20年度より特定健康診査・特定保健指導が開始されました。


「高齢者の医療の確保に関する法律」の施行に伴い、平成20年4月より「特定健康診査・特定保健指導」が開始されました。
これは年々増加している医療費の適正化を目指したもので、国は「2015年度には生活習慣病の有病者・予備軍を25%減らす」という目標を掲げています。
内臓脂肪型肥満に着目し、保健指導を必要とする方を抽出するための健診を実施します。つまり健診後の保健指導が重要視されます。
尚、実施主体は皆さんが加入する医療保険者(国民健康保険・共済組合・健康保険組合等)となります。

特定健康診査・特定保健指導のフローチャート

対象範囲: 医療保険(国保、政官、組合など)加入の被保険者・被扶養者
対象年齢: 40歳~70歳

特定健康診査1. 健康診査身長、体重、腹囲測定、問診、採血(脂質・血糖・肝機能)、尿検査を行います。
※上記の他、医師が必要と認めた場合に実施する項目があります。
2. 情報提供健康診査の結果をもとに個人に対応したリーフレットなどが配布されます。

↓ 健診結果、服薬、喫煙状況、および年齢から特定保健指導の対象者が抽出され、階層化されます。

特定保健指導1. 動機付け支援個別面談やグループ学習によって保健指導を受け、6カ月後に身体状況や生活状況の評価を受けます。
2. 積極的支援個別面談やグループ学習によって保健指導を受け、継続的に3カ月~6カ月間フォローの保健指導を受けます(メールや電話を含む)。6カ月後に身体状況や生活状況の評価を受けます。
ポイント制で基準を満たすことが原則となっています。

当センターにおきましても、特定健康診査・特定保健指導を実施しております。
尚、特定健康診査・特定保健指導の実施機関については、国立保健医療科学院のホームページから閲覧可能です。

国立保健医療科学院のホームページはこちら
当センターの特定健康診査の重要事項はこちら
当センターの特定保健指導の重要事項はこちら

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?