グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 医療技術部  >  臨床工学室  >  部門別業務内容

部門別業務内容


医療機器管理業務

医療の進歩に伴い医療機器は複雑高度化しています。院内の医療機器が最良の状態で使用できるよう、使用前・使用中・使用後の日常点検と定期点検を実施しています。また、多様な医療機器を管理するため専用のソフトウェアを使用し、保守点検を適切に実施するとともに業務の効率化を図っています。

医療機器の使用後点検

使用前の人工呼吸器点検


手術室業務

光源装置の点検

手術室では、麻酔器・生体情報モニター・手術用内視鏡装置・手術用ドリルなど、さまざまな医療機器の点検・管理や手術中の医療機器の操作も実施しています。
当院では、整形外科分野の脊椎手術件数多く、日本でも数少ない術中CT撮影装置O-armイメージングシステムのセッティングを行っています。

脊椎手術での誘発電位検査

O-armイメージングシステムの準備


心臓カテーテル業務

心臓カテーテル業務には臨床工学技士3名を配置し、清潔介助・ポリグラフの操作・外回りを分担で行なっています。

清潔介助デバイス準備やフレーミング操作等、医師のアシスタント業務です。
ポリグラフ操作検査・治療中のバイタルサインの監視を行い、検査結果から心不全の
程度や、弁膜症の重症度などを解析します。
外回り検査・治療時に使用される物品出しや、血管内エコー(IVUS)・補助循
環操作の操作を行ないます。

ポリグラフの操作

外回りと清潔野での業務


内視鏡業務

使用前点検

内視鏡センターには臨床工学技士3名を常駐し、電子スコープや内視鏡システムの保守管理、トラブル対応、機器の取り扱い説明等の役割を担っています。
また機器的な側面だけではなく、検査やEMR・ESD・ERCP・止血術等の治療においては、医師の介助を担当し、処置具や医療機器の専門性を深めることはもちろん、患者さんが安心して検査・治療が受けられるよう心がけ業務を実践しています。
臨床工学室では、質向上の一環とし、消化器内視鏡技師の資格取得の支援を行い、現在、資格取得者2名を中心に治療の質向上にも研鑽しております。

血液浄化業務

血液浄化療法とは、血液中に病因となる、あるいは病因に関連する 物質や血液成分が存在する疾患において、 その物質や成分を除去することにより病態の改善を図る治療法で、血液透析(HD)・血液濾過透析(HDF)や血漿交換療法(PE)血漿吸着療法(PA)などのアフェレーシス療法があります。当院では、HD・HDF、アフェレーシス療法を実施してますが、中でも当院通院透析患者241名の約90%がオンライHDFを実施し、その件数は、千葉県で第1位となっています。(2015年度統計)

透析センターにおける臨床工学技士の役割は、血液浄化療法で使用する装置の準備・開始作業・操作・点検・管理などを中心に透析用水の水質管理やシャント管理にも携わっています。

水質管理

オンラインHDFでは無菌化された透析液(超純水透析液)を置換液として使用するため、透析用水の正常化が重要となります。
水質管理は日本臨床工学技士会のガイドラインに準じてエンドトキシン測定と生菌測定を行っています。


検体採取

エンドトキシン検出装置(左)と生菌培養用装置(右)


透析開始前業務


回路取り付け

透析液作成


透析開始業務


透析開始時の穿刺

シャントエコー


点検風景


定時点検

メンテナンス風景


アフェレーシス療法

何らかの原因で、体内に過剰に増えた血球・脂質・抗体などの分離・除去を目的とした治療法です。


当院で行っているアフェレーシス療法血漿吸着療法
単純血漿交換
二重濾過膜血漿交換
活性炭吸着療法
エンドトキシン吸着療法
白血球除去療法
顆粒球除去療法

その他

持続的血液透析濾過法、腹水濾過濃縮再静注法なども行っています。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?