グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  聖隷予防検診センター >  研究協力のご案内

研究協力のご案内


J-MICC Study(ジェイミック・スタディ)

J-MICC Studyは、日本人の生活習慣と遺伝子が病気とどう関係しているのかを調べ、病気の原因や体質に応じた予防方法をみつけていこうとする、新世代の疫学研究です。文部科学省科学研究費の助成を受けて、2005年4月から全国の共同研究施設で調査が開始され、これまでに全国で10万人以上の方々にご参加いただいています。
聖隷予防検診センターは、このJ-MICC研究静岡地区の研究実施機関です。静岡地区は、鹿児島県の離島地区、佐賀地区、愛知県がんセンター中央病院に次いで、全国で4番目のJ-MICC Study調査開始地区です。
2006年1月から2007年12月に聖隷予防検診センターの人間ドックを受診された、静岡県中西部にお住まいの35~69歳の方を対象にJ-MICC Study 静岡地区へのご協力をお願いし、ベースライン調査を実施しました。2008年からは健康状態に関する追跡調査を開始し、生活習慣や遺伝子および病気の発症の関連について検討を進めています。現在は第二次調査が終了し、ひきつづき追跡調査を実施中です。