グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ



ホーム > 当院について  >  病院理念・患者様の権利

病院理念・患者様の権利

このページの目次


病院理念

聖隷精神(隣人愛)を継承し、地域に根ざした医療・福祉に貢献する。

病院基本方針

1.保健・医療・福祉の連携により地域のニーズに対応し、住民の健康と生命を守ります。
2.職員の資質と組織力の向上に努め、安全で質の高い医療サービスを提供します。
3.診療に当たっては患者の権利を尊重することを第一とします。
4.病院のアメニティの向上に努めます。

聖隷福祉事業団基本理念

キリスト教精神に基づく「隣人愛」~自分を愛するようにあなたの隣人を愛しなさい~


患者様の権利

「患者様の権利」を尊重します


私達聖隷淡路病院職員は、当院の医療において、患者様の権利に関する世界医師会の「リスボン宣言」を尊重し、以下のことを実践していきたいと思います。

1
患者様は、医師の能力及び人格を基準として、自由に自分の医師を選ぶ権利を持っています。
2患者様は、十分な説明を受けた後で、治療を受ける権利、あるいは治療を受けることを拒否する権利を持っています。
3患者様は、医師及び医療従事者が患者様について知りえたすべての医療上の秘密及び個人的秘密を尊重することを期待する権利を持っています。
4患者様は、いかなる状態にあっても人格的に扱われ、尊厳をもってその生を全うする権利を持っています。
5患者様は、その社会的経済的地位・国籍・人種・宗教・年齢・性別・病気の種類によって差別されることなく、平等な治療を受ける権利を持っています。
6患者様は、医療費の明細の報告を受けるとともに、医療費の公的援助に関する情報などを受ける権利を持っています。

私達職員は、この主旨を充分尊重して、その完全な実現に向かって努力をしていきます。字義どおりの実践は困難かもしれませんが、私達職員の到達しなければいけない実現目標としたいと思います。


聖隷淡路病院 院長   黒田 勝哉

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?